エアコン設置が高いオーストラリア | 取り付け費用ってどのくらい?

オーストラリア生活

来る夏、日本と季節が逆のオーストラリアはこれから夏本番です。

こちらで購入した家、元々ついていたリビングのエアコンはだいぶ古く、

昨年から上手く作動しなくなりました。

そこで今年、本格的に暑くなる前に買い替えをしました。

その時驚いたのはエアコンの設置費用

日本だと、家電量販店でエアコンを購入すれば取り付けもサービスしてくれたり、

業者に頼んだとしても1万円前後かかるくらいですよね。

では、オーストラリアでのエアコンの取り付け相場ってどのくらいでしょうか。

 

スポンサーリンク

オーストラリアのエアコン設置費用

まず、家電量販店でエアコンを購入した場合は、

そのお店が委託している設置業者さんを紹介してくれると思います。

今回はグッドガイズやバニングスにもエアコンを見に行ったのですが、

バニングスでの設置費用はエアコンのサイズが4.0KW以下の場合は$680、

4.0KW以上の場合は$800以上でした。

高いですよね、エアコンの値段に上乗せして、設置にこれだけかかります。

オーストラリアでのエアコンの取り付け相場はサイズによって変わりますが、

$400~$900くらいが平均のようです。

 

今回はネットでエアコンを購入、

ServiceSeekingで、空調設備業者を探して取り付けてもらいました。

このウェブサイトは様々なスキルを持った個人事業主の人たちが仕事を提供している場、

日本でいうランサーズやクラウドワークスのようなサイトです。

このサイトを利用して近くで事業をしている方に何件か見積もりを出してもらいました。

忙しい時期なので返信が返ってこないこともありましたが、

自宅まで来て実際に現場を見て無料見積もりを出してくれた業者さんに決めました。

値切り交渉もできて$600の取り付け費用で双方納得。

そして何より空調設備屋さんが忙しい時期に、5日後に予約を入れられたので助かりました。

日本に比べたら高いですが、オーストラリアの相場を考えれば妥当でした。

 

 

なぜ高額なのか

オーストラリアでは手に職を持っている

配管工、電気技師、空調整備士など、技術屋さんのお給料が高いです。

日本ではこれらの職業はお給料が低く扱われがちですよね。

オーストラリアでは元から人件費が高いのもありますが、

技術屋さんはなり手が少ない為に、どこに行ってもとても重宝されます。

需要がある職業として、オーストラリアの永住権が取得できる道もあります。

トイレが詰まった、電気がつかない、エアコンが壊れた、

なんて時、自分では解決できないことも多いですよね。

そんな時は専門の知識を持ったプロに任せざるを得ません。

これは家庭内だけでなく、オフィスを構えている企業も同じです。

その為技術屋さんは常に引っ張りだこで、こちらでは高いポジションにあります。

 

日本では家に来る配管工事業者なども年配の方が多かったですが、

オーストラリアで電気系や配管系に問題があった時に来てくれる業者さんは若い人ばかりです。

見た目は今どきのフレンドリーなお兄さんが手際よく直していってくれます。

それはお給料が高いことも関係あるのではないかと思います。

 

個人事業主がおすすめ!

(これで真夏も怖くない!)

オーストラリアでのエアコン取り付け費用、高いですよね。

自分で業者を探す場合は、会社として行っているところより、

個人事業主の方にお願いするのも、費用を抑える面ではお勧めします。

この場合、レビューの確認はとても大事です。

私が今回お願いした方は、レビューが良かったのと、

実際見積もりに来てくれた時に、知識がしっかりしていると感じた為安心して任せられました。

物ではなく、スキルを売っている電気工事士さんや空調屋さんは、

言い値でその仕事の価格が決まるため、適正価格がなくピンキリだったりします。

技術屋さんのお給料が高い、というのも面白い話なので別記事にて改めて書きたいと思います。

日本では薄給として扱われていても、こちらでは高級取りな職業ってあるんですよね。

夏本番、家の空調設備も万全にして迎えたいですね。

コメント