【オーストラリアで出産】無痛分娩予定が自然分娩に!【公立の費用】

オーストラリア子育て事情

オーストラリアでの出産事情も織り交ぜながら、

私の出産経験を残しておこうと思います。

妊娠中も日本にいた期間が長かったので、

オーストラリアと日本、交互で検診を受け

オーストラリアの公立病院での出産を選びました。

 

スポンサーリンク

オーストラリアで無痛分娩

 

公立の病院で出産する場合、基本的に出産費用は無料です。

私立病院で出産希望の場合は、事前に保険等に入っておく必要があります。

一般的に私立の方が、妊婦検診なども含め丁寧だと言われています。

私は特にこだわりがなかったので、公立病院での出産を選びました。

 

 

公立は相部屋?

 

公立病院だと、出産後の病室は相部屋、という情報が多いですが、

私が出産した公立病院では、個室でした

全てが個室ではなく、数に限りがあり、いっぱいの場合は相部屋になるそうです。

私が出産した時は運よく空いており、個室で入院することができました。

とても広い部屋で、シャワーやお風呂、トイレも付いており、快適に過ごせました。

 

1人部屋(個室)がある公立病院もある

 

公立で出産予定の方は事前に確認してみてくださいね。

 

 

 

分娩方法

 

オーストラリアでも自然分娩が一般的ですが、

もちろん無痛分娩水中出産(お風呂の中で出産)なども選ぶことができます。

私は、妊娠がわかってから、無痛分娩一択でした。

助産師さんとバースプランを話し合った時も、無痛分娩の予定で進めていました。

理由は痛いか痛くないかだったら、断然痛くない方がいい、という単純なものです。

「お腹を痛めて生んでこそ…」のような考えもなかったです。

 

日本では無痛分娩は出産日を決めて、計画的に行うことも多いようですが、

私が利用したメルボルン郊外の公立病院では、

自然に陣痛が始まってから、麻酔を入れる形でした。

 

 

 

オーストラリアで出産体験

 

妊娠期間中は普段の生活も特に制限することはありませんでした。

子どもができたらしばらく自分の時間が取れないと思い、

妊娠中も3回日本とオーストラリアを往復するなど、

普段よりアクティブだったかもしれません。

歩いて買い物へ行ったり、ストレッチしたり、

軽い運動も生活の中に取り入れていました。

順調に出産予定日当日になるも、全く生まれる気配がなく、

夜に母から来たメールには

 

くじこ
くじこ

「全然生まれる予感がないよ~本当に出てくるのかな?」

と呑気に返信してありました。

 

 

 

出産当日

 

出産予定日の翌日、その日はいつも通り朝7時に起きて、コーヒーを淹れ、

朝のニュースをソファに座って見ていました。

徐々に起きた時には感じなかった、生理痛のような痛みが現れ、

 

くじこ
くじこ

これが前駆陣痛かな??

とここでもまだまだ呑気に考えていました。

しかし、どうにも間隔的に軽い痛みの波がきます。

初産で心配だった私は、一度病院に連絡を入れますが、

私の状況を聞いた看護師さんは

 

まだ大丈夫な感じね!家にいて大丈夫よ。ゆっくりしてて。

と力強い返事をくれました。

この時点で朝の8時。

 

看護師さんの返答に安心した私でしたが、そこからまた痛みの波が強くなり、

いざ仕事に出かけようとしていた夫を呼び止めました。

 

くじこ
くじこ

ちょっと待って…。お腹痛いから
もう少し家にいてもらった方がいい気がする。

くじお
くじお

え?じゃあ職場に遅れるって連絡するよ。

 

 

この時点で夫は、私の体調が良くなったら、仕事に向かう予定でした。

状況を伝えるためもう一度病院に連絡を入れると、

「初産で不安だろうし、一回病院来てみようか。」との返事だったので、

夫の運転で病院まで向かいました。

 

ところが運転中の車の中で一気に痛みが強くなり、

間隔もどんどん短くなっているのがわかり、

 

くじこ
くじこ

こ、これ陣痛かも。

 

と初めて気づきました。

朝起床してからここまで1時間半くらいです。

 

 

病院到着

 

9時に病院に到着すると、朝の院内はとても静かでした。

夫が駐車している間に一人で受付に向かうと、

電話で話した看護師さんがちょうどいました。

 

今から確認するからこっちの部屋で横になってね。

 

と、近くの部屋に通され、心拍数などを測る機械を付けられ横になりました。

けれどこの時点でけっこうな痛みが押し寄せていて、

 

くじこ
くじこ

(この状態で、家に帰されたら耐えられる気がしない…)

 

静かに痛みと戦いながら、そんな心配をしていました。

まだまだ生まれる段階ではないと、その時は思っていました。

 

看護師さんはモニターを見ながら、

 

あらー?けっこういい陣痛が来てるわよ。

今日中に生まれるかも!先生呼んでくる。

 

と言って、産科医の先生を呼びに行きました。

しかし、その間にも急激に押し寄せる痛みの波に

「痛い痛い痛い痛い…」と独り言を言いつつ寝がえりをしながら、

先生が来るのを待ちました。

 

 

 

スピード出産

 

その日担当の産科医の先生は明るい尾木ママ風の先生でした。

「おはよう、ハニー、大丈夫?今から確認するからね。」と言い

子宮口の確認に入ったのですが、

 

あら!彼女もうほぼ全開よ!もうすぐ産まれるよ、準備して

え!?!?

 

という先生の言葉のあと、急に周りがバタバタし始めました。

 

 

破水してたの気づいてた?少しずつなパターンかな

 

くじこ
くじこ

え、いつからだろう、全然気づきませんでした。

 

 

そんな話をしながら、

看護師さんが私が横になっているベッドを分娩室に移動させようとしたのですが、

 

そんな時間ないわ!ここで産むからね。

 

と先生に言われ、分娩室ではなくそのまま病室で出産することに。

強まる陣痛に、ハッそうだ!と思い出したかのように言いました。

 

 

くじこ
くじこ

私無痛希望なんです…!麻酔を…!

ああハニー、もうそんな段階とっくに過ぎちゃってるわよ!

今の段階で麻酔は入れられないの。このまま産むから、頑張って。

 

 

ということで、結局自然分娩になりました。

無痛分娩で出産するものだとずっと思っていたので、突如自然分娩になり混乱、

・・・するかと思いきや、

そんなことを感じる余裕も時間もありませんでした。

 

出産に立ち会ってくれた病院のスタッフさんは、

産科医の先生助産師さん看護師さん、そして研修医の学生さんの4人でした。

 

ここからの記憶が鮮明になく、その後すぐにスポーン!!と息子が生まれました。

そして訳も分からぬまま、私の胸にドサっと生まれたばかりの息子が。

(カンガルーケアというやつですね。)

出産したのは朝10時過ぎ。出産時の息子の体重は3800gありました。

 

この時の私は、感動よりなにより「ああ、終わった…。」という

臨月のお腹の苦しさからここまで耐えた、達成感の気持ちの方が大きかったです。

夫は立ち合い出産予定だったので、車を駐車したあと部屋に来ていたのですが、

分娩中は夫がいることにも気が付きませんでした。

それくらいドタバタな出産で、自分でも頭が追い付いていませんでした。

朝7時に起き、9時に病院に着き、10時過ぎには出産

我が子を抱いた私がいました。

 

 

 

出産翌日に退院

 

その日、院内で私はレジェンドと呼ばれていたそうです。

初産でここまでの安産、スピード出産は珍しいと

スタッフさんが代わる代わるその話をしてくれました。

しかしまだ実感がない私は「ははは、そうなんですね。」

くらいしか返す言葉がありませんでした。

 

オーストラリアの公立病院では初産の場合、2、3日で退院します。

5日~一週間ほど入院する日本とは少しこの辺りも違いますよね。

朝出産してからずっと息子と同室だったのですが、

当日の夜中も定期的に看護師さんが来て、授乳の仕方などチェックするので

 

くじこ
くじこ

家に帰ってゆっくりしたい…。

 

と思った私は、先生に早めに退院したい旨を話しました。

すると、

 

あら、あなたが大丈夫ならいいのよ。

じゃあ主要な検査だけ終わらせちゃうね。

 

 

ということで、私の体調や赤ちゃんの健康状態、五感チェック、

全て一通りの検査を終えてOKが出たので、

出産翌日の夕方には家に戻ってきました

日本で出産した方から見たらびっくりするかもしれません。

経産婦さんだと、出産当日に帰宅する人もいます。

私の場合は分娩時間が短かったのもあり、出産後も体力的な問題もなく、

家に帰ることに関しても問題ないと言われました。

 

 

分娩時間とあとがき

 

いま冷静に思い返しても、朝は普段通りの一日が始まると思っていたのに、

翌日の夕方には赤ちゃんを抱えて家にいる、という怒涛な2日間でした。

 

初産の場合、平均分娩時間は12時間だそうです。

分娩時間とは陣痛が起きてから赤ちゃんが生まれ、胎盤が出るまでの時間で、

 

  • 分娩第一期(子宮口が10cmまで広がるまで)
  • 分娩第二期(赤ちゃんを出産するまで)
  • 分娩第三期(胎盤が排出されるまで)

 

と3つの段階に分けられており、

これらを総合した時間です。

 

私の場合、病院からの報告書には

分娩時間が2時間28分と書かれていました。

第一期が2時間、第二期が18分、第三期が10分。

陣痛がついてから出産まで瞬く間に過ぎました。

 

出産時の記憶は、その後の育児に追われてどんどん薄れてきていますが、

以前書いていたブログに残っていたので、改めて書き起こしてみました。

出産後、お祝いメッセージをくれた看護師の友達は、

 

いやーアッパレ!くじこらしいね~

 

と出産話を笑いながら聞いていました。

 

退院する際に先生や看護師さんから、

「2人目以降出産する場合はかなり早いと思うから気を付けてね!」

と言われましたが、育児苦手な私、子どもは一人で十分です。

私の親になりたい、という欲求は子どもが一人生まれたことにより満たされたようです。

せっかく自分の時間ができてきたところで、また一から子育て、

今の私にはきっとキャパオーバーになるでしょう。

夫には、専属のベビーシッターさん雇ってくれるなら次も考えるよ、と言っています。

女性として、妊娠から出産の経験をさせてくれた息子には、

本当に感謝しています。

 

コメント