オーストラリアで車の修理、板金塗装っていくらかかる?実際利用してみた結果

オーストラリア生活

車を不意にぶつけてしまった!塗装が気になる箇所がある、など

日本だったらだいたいの相場の予想がつきますが、

オーストラリアで車の修理や板金塗装をする際、

修理代がどのくらいかかるか気になるところ。

私も車のバンパーをぶつけて修理に出したり、

塗装が剥がれた箇所を直してもらったことがあります。

そこで今日は、オーストラリアでの車の修理、板金についてお話します。

 

スポンサーリンク

オーストラリアで車の修理、板金塗装

 

オーストラリアで車の修理をしたい場合、日本だったらスムーズにいくのに、

と不安に思う方もいると思います。

私も最初はどこに行けばいいのか、どのくらい費用がかかるのか、

わからないことばかりでした。

今までオーストラリアで運転をしていて、事故を起こしたことはないのですが、

不注意で家のゲートでバンパーをぶつけて凹ませてしまったり、

オーストラリアの強い直射日光により、車の一部塗装が剥がれてしまったことがありました。

今まで車の修理屋さん、板金屋さんにお世話になったことは3回あります。

本当は日本人の業者さんにお任せしたかったのですが、

家の近くでサービスを行っている方が見つからず、

全てローカルの業者さんにお世話になりました。

 

 

バンパーの凹み修理

 

家のゲートで大胆にフロントバンパーをぶつけ、

30cmほどかなり大きくへこませてしまったことがありました。

このときはネットで修理業者を探し、レビューがいい業者さんにお願いしました。

個人で修理業をしている人で、大きな倉庫のような場所がお店でした。

 

作業工程は、

バンパーを外す→熱で温めて裏側からへこみを押し出す→きれいに塗装する

という感じで、その際の見積もりと実際の修理代は$500でした。

車のフロント部分の、小石などが当たって塗装が剥げてしまっている箇所も

ついでにタッチアップでペイントしてくれてありました。

人件費が高いオーストラリア、$1000近く修理代がかかるのも覚悟していたので、

良心的な修理代金かなと思いました。

 

フロントバンパーの左側を大きくへこませてしまったのですが、

きれいに修理されて戻ってきました。

 

 

 

車の塗装費用

 

家の駐車スペースは、オーストラリアの強い日差しを直に受ける場所にあり、

日差しが当たる車の左側の一部の塗装が剥げてしまいました。

実はこの時、自分でスプレーを購入し、塗装を試みたのですが見事失敗。

プロの業者さんに任せることにしたのです。

いろいろと考慮した結果、Touch Up Guysという、

自宅まで来て作業をしてくれる、モバイル修理業者にお世話になりました。

このときもレビューを見て、私が住んでいる地域の担当者の腕が良いことを確認

修理をお願いすることにしました。

結果、とても満足の行く仕上がりと料金だったので、

Touch Up Guysにはその後もう一度お世話になっています。

 

モバイル修理業者の良いところは、なんと言っても自宅まで来てくれるところ

車を持ち出さなくていいんです。

日本では車の修理で、車をディーラーや修理業者に持っていく場合、

仕上がるまでの間、代車を貸してくれたりしますよね。

しかしオーストラリアでは代車のサービスはありません。

そのため、自宅まで来て修理をしてくれるというのはとても助かりました。

 

私が塗装をお願いしたのは、1回目は主に3箇所で

車後方のリアウィング部分、車左側のリアサイドパネルとリアピラー。

 

 

 

直射日光によって塗装が剥げてしまった部分です。

これが修理後は、このようになりました。

 

 

(車に埃がかぶったままの撮影で申し訳ないです。)

 

この時の塗装代は広範囲だったにも関わらず、$500で仕上げていただけました。

最初はもう少し高い見積もりだったのですが、交渉して$500でお互い同意。

日本では見積もりの値段交渉なども、あまりないと思いますが、

オーストラリアでは、特にスキルを生かして働く人たち(手に職系のお仕事)は

言い値で料金が決まることが多いので、見積もりが出たらまず交渉してみましょう。

参照:配管工や電気工事士はオーストラリアで稼げる!

結果、少ない費用でとてもきれいに塗装を仕上げてもらえました。

 

2回目の修理塗装は、車左側のリアドアパネル(後ろ側のドア)。

塗装前の写真が見つからなかったのですが、

窓枠に沿って広範囲で色が落ちてしまっていました。

塗装後の写真はこちら。

リアドアパネル全体の塗装修理代は$450ほどだった記憶があります。

 

塗装に関しては、塗装して欲しい箇所が狭い範囲でも、

パネルごと全体を塗装しなければいけないため、

塗装範囲が大きければ大きいほど、修理代も上がると思います。

 

これらの塗装にかかった時間は、それぞれ4時間〜5時間ほどでした。

子どもをデイケアに預けている間に、修理も完了したので

送り迎えにも支障が出ずに助かりました。

 

Touch Up Guysは車の塗装以外にも、

車の小傷やバンパーのへこみなど、幅広く板金作業を行っているので、

気になる方は、お近くの担当者さんに連絡を入れてみてください。

 

 

修理代は交渉!ローカルの業者も頼れる

 

最初、車の修理を考えた時、日本語が通じる、かつ作業が丁寧なイメージのある

日本人の方にお願いしたいなと思っていました。

でも、私の住んでいる近くでは日本人の業者さんが見つからず、

ローカルの修理業者にお世話になったのですが、3回とも満足の行くサービスでした。

車を購入したディーラーに持っていくのが一番楽で、確実ではありますが、

ディーラーに持っていっても、修理や板金塗装は結局、業者さんに任せる場合が多いです。

そして料金もその分上乗せされ、高くなる傾向があるので、

信頼できる個人業者を見つけられるのが一番良いかなと思います。

 

オーストラリアの人たちって、ちょっと車がへこんだり、塗装が剥げたりしても

気にせず乗っている人が多い印象があります。

走れればいい、という実用重視の考えなお国柄、というのも理解できますが、

やっぱり自分が愛用している車はきれいに保っておきたい、と思いますね。

今後も車周りの傷やへこみで気になる部分があれば、

またTouch Up Guysさんにお願いしようと思います。

コメント