1日1万円かかる!?オーストラリアのチャイルドケア代

オーストラリア子育て事情

オーストラリアのチャイルドケアについてはこちらから。

 

オーストラリア、保育園代が高いイメージありませんか。

1日1万円もする!などとよく言われています。

今回は気になるオーストラリアの保育園料金について紹介します。

 

スポンサーリンク

チャイルドケア代ってどのくらい

日本の保育園代

私は数ヶ月単位でよく日本にも戻っています。

その時息子はこども園の一時保育に毎回お世話になっています。

 

私の勤務先が国外なので、保育園に入園することはできないのですが、

一時保育で週5日通うことは園によって可能でした。

実際利用して、日本のこども園の一時保育、すごく安いと感じました。

私が住んでいる自治体では、三歳児以下は一日2000円三歳児以上は一日1000円

これは給食費なども込みの料金です。

年少さんになって、3か月日本に滞在した時は毎日通っても一ヶ月2万円。

普段通園している園児さんでも、世帯収入によって差はありますが、

だいたい一人2万~3万円くらいが平均みたいですね。

息子が通っているこども園の先生たちはどの先生も親身で優しく、

ひとりひとりしっかり見ていてくださっており、

サポートしていただいたことに毎日感謝していました。

くじこ
くじこ

プロってさすがだし本当に尊敬します。

息子もクラスの一員になって、お友達もたくさんできる為、

日本を去る時の保育園でのお別れは、私の方が寂しくなってしまうくらいです。

 

オーストラリアの保育園代

オーストラリアでは民間の保育園が一般的です。

チャイルドケアやデイケアと言われています。

地域によって差がありますが、どこのチャイルドケアも一日$100前後

単純換算だと1万円ですが、円高の今7500円くらいです。(2019年10月現在)

私はメルボルン郊外に住んでいますが、息子が行っているチャイルドケアは一日$99です。

これが都市中心部になるともっと高く、$130~$150/日 かかるところもあります。

 

ですが、日本と同じように政府の補助があります。

(政府の補助は基本的に永住者向けのものです。)

補助は収入や、働く時間により決まるので家庭によって違いますが、

世帯年収が$65958(480万円)以下なら85%が政府負担

$66958~$17,1958(1300万円)以下なら、85%~50%は政府負担になります。

それ以上の場合は50%から徐々に補助率が少なくなります。

こうやって見ると、政府が補助してくれる分、各家庭の負担はそこまでないと思いますよね。

しかし国が違えば、物価も違う。

オーストラリアは物価が高い分、お給料も日本より高くなります。

 

物価とお給料を考える

オーストラリアの2018年の平均年収は$82436です。今のレートだと約620万。

そう考えると、共働きで1300万円を超える家庭って珍しくないんです。

その場合政府の補助を含めての保育園代は一日$50。

一ヶ月では$1000(75000円)ほどになるので、日本と比べたら高く感じますね。

 

しかし政府からの補助は働いている家庭だけでなく、

どちらかが学生だったり、介護をしていたり、ボランティアなどを行っている場合も出ます。

一馬力だと世帯年収も減る分政府の補助がたくさん出るので、

その場合は保育園代もかなり助かりますよね。

 

私の感想ですが、「チャイルドケア代高いっ!」と嘆いているご家庭は

ああ~世帯年収高いんだろうなあ。

という印象です。

 

まとめ

日本と比べ、オーストラリアの保育園代事情はこのような感じです。

私は在宅で、子どもを家で見られる環境ではありますが

多少お金がかかっても、息子が1歳の頃から家庭保育や、保育園に入れていました。

 

自分の時間や仕事に集中できる環境を確保したかったのもありますが、

子どもの社交性を身に付けたり、集団の中でさまざまな経験を積むという面でも

その時期から通わせていてよかったなと思っています。

自分の時間の重さを考えても、保育代は必要経費だと思っています。

 

毎回、日本の保育園に行く度に、支払っている料金を考えても

日本でお世話になる保育士さんたちには本当に感謝でいっぱいです。

幼保無償化が今月から始まり、保育園代、幼稚園代の負担が減って助かる家庭も多いと思います。

財源の心配もありますが、私としては、責任があり大変なお仕事をしている保育士さんに

十分なお給料が渡っているかが心配な面もあります。

日本の保育事情にはこれからも注目していきたいと思います。

コメント