オーストラリアの歯医者で親知らずを抜歯|治療費はどのくらい?

オーストラリア生活

オーストラリアの歯科治療代は高いことでも知られています。

日本では保険が効く歯科治療も、

オーストラリアの国保であるメディケアではカバーされていないからです。

その為在住者は、個人で歯科治療がカバーされるプライベート保険に入ります。

私は日本にいる間に歯医者で検診を受けるようにしているのですが、

オーストラリアに滞在中、急に親知らずが痛みだし、歯医者で治療したことがあります。

オーストラリアの歯科医の腕ってどう?

麻酔はしてくれる?

親知らずの抜歯って保険がない場合どのくらい?など、

オーストラリアのローカル歯医者に行った時のことをお話したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

オーストラリアの歯医者で親知らずを抜歯

 

普段通りの日常を過ごしていたある日、突然奥歯がズキズキと痛み出しました。

隠れていた親知らずが伸びてきて、隣の奥歯を押し、

今までに感じたことないくらいの歯の痛みが、いきなり襲ってきたのです。

痛すぎて食事はおろか、日常生活にも支障をきたすレベル。

 

くじこ
くじこ

何もできない、今すぐに歯医者に行きたいっ。泣

と言う思いで、ネットで近くのレビューがいい歯科医院を探し、電話をしました。

すると翌日すぐに診てもらえることになり、ひと安心。

その日の夜は歯が痛すぎてほとんど眠れず、

次の日に予約ができたのは本当不幸中の幸いでした。

 

 

初めてオーストラリアの歯医者へ

 

初めて行く歯科医院だったので、当日は受付で問診票を書き、順番を待ちます。

診察室に通され、歯科医のアンドリュー先生に患部を見せながらお話すると、

 

親知らずだねー。抜歯しないといけないね。

とのことで、まずは院内にあるレントゲン室で、レントゲン撮影。

レントゲン写真で確認すると、私の口内には3つの親知らずが隠れており、

その内のひとつ、左下の親知らずが成長してきて、

隣の奥歯を押し、炎症と痛みを起こしている状態でした。

 

歯科医の先生が確認したところ、左上の親知らずも

「今後成長する可能性があるので、一緒に抜いちゃおう」とのことで、

左上下の親知らず2本をその場で抜歯することになりました。

この時は、歯科治療の恐怖心よりも、

早く抜いてこの痛みから解放されたいー!

と言う思いの方が強く、治療への不安はありませんでした。

 

診察台に横になった時に一応、

くじこ
くじこ

抜歯って痛いですか?なるべく痛くないようにお願いします。

と聞くと

もちろん!心配ないよ。

と言いながら、麻酔を準備するアンドリュー先生。

この時は部分麻酔で、患部に注射器のようなもので麻酔を入れていきました。

狭い範囲ですが、思ったより何箇所にも麻酔を刺すので、

 

くじこ
くじこ

(オーストラリア人って痛みに弱そうだし、
麻酔もがっつり入れるんだろうな。)

なんて考えていました。

麻酔を入れてから、今までの親知らずの痛みが嘘のようにスッと消えて、

やっと気持ちにも余裕が出てきました。

 

 

親知らずの抜歯

 

 

麻酔を入れたらいよいよ抜歯。

私の親知らずは、左上下とも少し外に顔を出していたので、

出ている部分に穴を開けて工具で引っかけて抜くという工程で、

歯茎を切開せずに済む治療でした。

麻酔がかかっているので、痛みは全くないのですが、

部分麻酔なので、先生が力を入れて歯を引っ張り出そうとしているのは、わかります。

ググッとかギギギッと、抜歯作業をしている様子が伝わるので内心ドキドキ。

 

しかし、自分では気づかぬ内に、抜歯も完了。

よし、痛みを起こしてる親知らずは抜けたよ!もう一本行くね。

くじこ
くじこ

え!全然わからなかった。

と、スムーズに治療を進めてくれました。

 

痛みを起こしていた左下の親知らずは抜くのにかなり力が必要だったみたいですが、

もう一つの左上の親知らずは、そこまで時間がかからず、すぐに抜けました。

抜歯が終わったあと、隣にいた歯科助手の女性に、

“You took it really well!!”

と賛称のお言葉をいただきました。

やはり、オーストラリア人は痛みや、このような歯科治療が苦手な方が多く、

治療がなかなかスムーズに運ばないことも多いそうです。

 

 

オーストラリアの歯医者で抜歯|いくらかかる?

 

最後に、気になるお会計。

治療前に、費用に関しては見積もりをしっかり提示してくれます。

私はオーストラリアで歯科がカバーされるプライベート保険には入っていません

なので全額負担になります。

治療前に受付などで、保険に入っているかどうか聞かれると思います。

このときかかった費用は、

診察代、レントゲン代、治療代(麻酔代込み)で、

親知らずの抜歯2本で、$380でした。

 

オーストラリアの歯科代は高く、

親知らずの抜歯だけでももっとかかるイメージがあったので、

予想していたより、安い治療費で済みました。

日本だったら抜歯も数千円と聞くので、比べると高いのは否めませんね。

それでも歯科代が高いオーストラリア、保険なしでこの料金なら許容範囲内でした。

 

そのほかに処方箋は、また別に薬局にて購入しますが、

処方されたのは、麻酔が切れたあとの痛み止めと、化膿を防ぐお薬で$15ほどでした。

そして治療の1週間後に、経過観察でまた先生との診察がありましたが、

こちらは無料でした。

 

 

プライベート保険ってどう?

 

プライベート保険に入っておけば、いざ何か病院にかからなくてはいけない時に

安心だし、心強いと思います。

特に、オーストラリアの国保にあたるメディケアしか保持していない場合、

公立の病院に行くことになるので、サービスや待ち時間に不満になることもあります。

歯科治療に関しても、プライベート保険の歯科カバーがあれば、

いきなり治療が必要になった時に、費用の心配をしなくていいので安心ですね。

しかし、プライベート保険に入っている場合、会社を通していくらでも請求ができるので、

病院側も治療費を上乗せしてくる場合があります。

そのため結局、保険なしでも同じくらいの料金になることも。

プライベート保険に入っていない場合、病院側も料金を考慮してくれることもあり。

この辺りは、各病院やクリニックによるので、正確なことは言えませんが。

プライベート保険も、本当に必要なものか吟味して選ばなければいけません。

私も20代の頃はメディケアのみでそれほど気にしていませんでしたが、

30代になった今、自身の今後の健康のことも考え、

プライベート保険も考えなければいけないな、と思っているところです。

 

 

子どもの歯科治療代は補助が出る

 

 

オーストラリアでは、メディケア保持者であればプライベート保険に入っていなくても

子どもの歯科治療費は2年間で$1000まで補助が出ます。

詳しい記事はこちら →  オーストラリアでは子どもの歯科代が無料?

こちらを上手く使って、子どもにも小さい頃から定期的に歯科検診を受けさせたいですね。

 

 

オーストラリアの歯医者に行って思ったこと

 

このときはローカルの歯科医院にお世話になりました。

都市部周辺には日本語対応や、日本人の歯科医院もあると思いますが、

私はとにかく早く治療をしてもらいたかったので、近くの歯医者さんに予約を入れました。

今まで日本に帰るたび定期的に歯科検診を受けていたので、

オーストラリアで歯医者にお世話になることは、考えていなかったため、

最初はローカルの歯医者さんって大丈夫かなと多少疑問はありました。

しかし、いざ治療をしてもらうと、(今回は抜歯だけでしたが。)

特に問題に思うこともなく、満足のいく治療をしていただけました。

治療の後にも、状態を確かめるための経過観察の診察も無料でしてくださったり、

サービス面や料金面で不満に思うこともありませんでした。

これも歯科医院によると思うので、自分が納得のいくかかりつけ医院を

家の近くで見つけられると、何かあった時のために安心ですよね。

 

海外で初めて行く病院やクリニックは、知り合いからの紹介が一番安心できますが、

そうではない場合、レビューを読んで評判などを確認してから連絡を入れてみましょう。

保険がなく費用面など、疑問に思うことがあれば、

電話やメールなどで対応してくださると思います。

 

コメント