夫婦別財布の家計管理ってどう?|貯金、お小遣い、子どもの教育費など

生活の知恵

みなさんの家庭では、夫婦間のお金の管理、どのようにしていますか。

ひと昔前の日本の家庭では、

夫の収入も含め妻がやりくりして家計管理をするケースが多かったです。

しかし近年は共働き家庭も増え、

夫婦それぞれが家計に必要なお金を出し、

家計にかかるお金以外はお互いが自由に使える、夫婦別財布も一般的になりつつあります。

我が家も、結婚当初から夫婦別財布で家計管理をしています。

 

友達と話していても、たまに家計のお金の話になるので、

気になる話題なのかもしれません。

そこで今回は夫婦別財布の家計管理についてお話します。

 

 

スポンサーリンク

夫婦別財布の家計管理

 

私は結婚する前から、

「結婚したら、旦那さんの収入も自分が管理する。」

という概念がありませんでした。

 

 

くじこ
くじこ

結婚したからと言って相手の収入を自分が管理する権利ないしなあ。
せっかく稼いだお給料なのにお小遣い制なんて、
自分が男だったら嫌だな。

 

そのため我が家では普通の流れで、結婚してから夫婦のお財布は別々です。

もし、例えば相手がお金の管理が苦手で、「家計管理はお願いしたい」

と頼まれたら、それはそれで一括管理という形になっていたかもしれません。

 

 

夫婦別財布の内訳|やりくり

 

夫婦別財布、と言っても、

家庭のお金の管理に関してどうしていくかは、最初話し合いました。

その中でお互い合意したのは、夫の収入で賄える範囲で生活をして、

私の収入はあくまでプラスαで考えるということ。

2人の収入を合わせた世帯収入に生活水準を合わせるのではなく、

出産や子育て、何かあった時、片方の収入が減ることを見据えて、

夫の収入だけで生活できる範囲内の生活水準を常に意識していました。

お財布は別々ですが、お給料の額を隠してるわけでもなく、

収入はお互いオープンにしています。

 

結婚当初、賃貸に住んでいた時の家計管理はこのような感じです。

 

  • 家賃
  • 光熱費
  • インターネット
  • ペットのえさ
  • 外食費
  • 一定額を不動産購入用に貯金

 

  • 食費
  • 一定額を不動産購入用に貯金
  • 日本帰国費用

 

それぞれ

  • 保険関連
  • 車の維持費
  • 携帯電話料金
  • 被服費
  • 個人名義の貯蓄

 

これ以外のお金はそれぞれ自由に使っていました。

これだけ見ると夫側の負担が多いと感じますが、

子どもができる前は私もフルタイムで働いており、定期収入があったので、

不動産購入用の貯金には、お給料の大部分を入れていました。

そのため早々に家を購入するための資金ができ、

お互い20代半ばで共同名義の不動産を購入しました。

今思えば、DINKSの期間が一番貯蓄に有利で、お金を貯めやすかったです。

 

不動産を購入し、子どもができてからの家計管理はこのような感じです。

 

  • 住宅ローン
  • 固定資産税
  • (家の修繕費)
  • 光熱費
  • インターネット
  • ペットのえさ
  • 外食費
  • 一定額をオフセット口座へ

 

  • 住宅ローンの繰越し返済
  • 食費
  • 子どもの保育園代
  • 日本帰国費用

 

それぞれ

  • 保険関連
  • 車の維持費
  • 携帯電話料金
  • 被服費
  • 子どもの教育費
  • 個人名義の貯蓄

 

私は子どもが生まれてからは、

在宅の仕事に切替え、収入が一定ではありません。

そのため家計の大部分は夫の収入で回せるようにしてあります。

(食費は私の内訳になっていますが、夫が気にかけて毎月一定額振り込んでくれています。)

私のお給料の大部分は、住宅ローンの繰越し返済に当てています。

私も夫も、自分のお給料は自分で自由に使いたいですが、

「自分が稼いだから自分のもの!」という考えがあるわけではなく、

子どもにかかる費用や、その他家にかかる費用は、

お互いが気持ちよくカバーしており、特に問題になったことはありません。

 

旅行に行く時などは、私主体で決めることが多いので、

旅費(飛行機代と宿泊費)は私が事前に支払い、

現地でかかるお金(娯楽費や食費など)は夫が払うというパターンが多いです。

 

 

夫婦別財布で気をつけること

 

 

夫婦別財布の場合、お互いに対しての信頼がないのでは、と言われるのを聞きます。

いくら夫婦別財布だからと言って、

お互いの収入を知らなかったり、見えないお金の行き来がある場合、

疑い深くなったり、信頼を損なう要因になります。

 

 

お金の使い道を可視化する

 

そのため、夫婦間で収入をある程度把握し、

お金の使い道を明確にするのは大事です。

私は、夫のお給料を知っており、住宅ローンやその他にいくら必要かもわかるので、

夫の手元に残るお金もざっくりとわかっています。

夫もそれは同じです。

残ったお金に関してはお互いが自由に使っていますが、

夫の趣味などから何に使っているかなども理解しています。

例え自由に使えるお金でも、何に使われているか、

大体でいいのでお互いわかっていると安心ですね。

 

 

お金の内訳や貯金額を定期的にチェック

 

夫婦別財布でも、定期的にお金の内訳について話したり、

共同名義の貯金額(私たちの場合はオフセット口座)を把握するようにしています。

特に子どもができてからは、急な出費や子どもに関する費用が増えるので、

お互いその辺りは調節を入れつつ、定期的に話し合っています。

2人で向かい合って真剣に話し合う、という感じではなく、

あくまで日々の話の流れでなんとなく話題に上がる、という感じですが。

 

「こういう内訳にしたからこう!」ではなく、

家庭の状況が変わるにつれて、その辺りも見直しをしています。

夫婦どちらかに、家計の管理を任せっきりにするのではなく、

家計に関するお金については、お互いがしっかり共有し、把握するようにしています。

 

 

夫婦別財布のデメリット

 

夫婦別財布のデメリットに関して、正直私は感じたことがありません。

どちらかが収入や家計を管理してお小遣い制にする、

というのを今まで試したことがないので比較できないのですが、

よく言われるのは、夫婦別財布だと家計の貯金が増えにくいこと。

確かに、一括で管理した方が貯金はしやすいイメージがあります。

 

私たちの場合は、お互い決まった額を共同名義の口座に毎月入れているので、

貯金がしづらいとはそこまで感じませんでした。

お小遣い制も夫婦別財布制も、その人個人の性格や、

それぞれの夫婦の状況により、合う合わないがあるかなと思います。

我が家は、夫が散財するような人ではないのと、私より計算も得意なので、

家計のことに関しては、別財布でも特に心配はありませんでした。

20代で購入した不動産も、あと2年で完済予定なので、

次の不動産を購入予定です。

 

例えば奥さんが専業主婦の家庭だったら、

家計は一括管理でお小遣い制、というのもありなのかな。

でもその場合は旦那さんがお小遣いを受け取るのではなく、

奥さん側がお小遣い(というか生活費ですかね。)を受け取る、

方が理に適ってるし、しっくりくるような気もしますが。

旦那さん側がお金の管理が苦手な場合は、

奥さんが旦那さんの収入含め、家計管理するのがいいのかもしれませんね。

 

あとがき

夫婦別財布にしているのは、私の両親の影響も大きかったです。

別財布の両親の元で育ったので、

結婚=お小遣い制という考えがありませんでした。

 

両親は公務員ですが、

父は兼業で株投資をして、30代でマイホームを一括購入。

早期退職をして、今はたまにデイトレをしながらのんびり暮らしています。

私も20代の頃から投資をしているのですが、

そんな父を見ている影響が大きいです。

両親を見ていても、お互いお小遣い制という形に縛られすぎず、

お互い自由に使えるお金がある方が、

私生活や仕事のやる気にも繋がるのかなと感じます。

 

 

夫婦別財布で生活してきて、

これまでお金に関しての不満は夫からはありません。

私も負担になったことがなく、お互いこのやり方で満足しています。

自分のお金を相手に縛られることなく、ある程度自由に使える、

というのは精神面でもお互い楽だなあと思います。

この先、何か状況が変われば、また話し合って修正していく予定です。

 

夫婦別財布にしたからと言って、家計の中でお互い何を負担するのか、

何にお金を使っているのかが曖昧で、わからない状態にするのではなく、

夫婦間で話し合い、お金の行先を把握して、

お互いが管理をしている、という意識を持つのが大事だと感じます。

生活の知恵
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
くじろぐ!

コメント