育児ブログのアドセンス審査|結果が来ない時にやったこと

ブログあれこれ

グーグルアドセンスの申請の仕方や注意点に関しては

様々なブログで説明があるのでお任せして、今回のこの記事は簡単に、

備忘録として私が感じたことと、審査期間中にサイト上で改善した点を残しておきます。

サクッと審査に通過した方の、「これだけで合格!」「なんとなく申請したら受かった!」

のような記事も目立ちますが、なかなか通過できないと悩んでいる方がいるのも事実です。

審査待ちでモヤモヤしてる方、特に育児ブログで申請してなかなか連絡がこない方の

参考になればなと思います。

 

ブログ開設からアドセンス通過までのタイムラインはこのような感じです。

ドメイン取得&ブログ開設 2019年9月25日
グーグルアドセンス申請 2019年10月3日
グーグルアドセンス審査合格通知 2019年10月13日

 

スポンサーリンク

育児ブログ アドセンス申請時の状況

ブログ運営期間:1週間

ジャンル:育児 子育て

記事数 9(→ 11→ 5)
サイトマップ あり
プライベートポリシー あり
アナリティクス、サチコ あり
他社アフィリエイト なし

 

申請中に記事を2つ上げて、途中で11記事になりましたが、

増やしすぎると審査に落ちた時の改善点が見つけ難い、との情報を見て11記事でストップしました。

少し前まではサイト内のコンテンツを充実させるために、申請に20記事、

など言われていましたが、今は記事が少ないうちに申請が基本のようですね。

3記事や4記事でも一日で通ったとの報告もあります。

この辺りはブログのジャンルに寄るのかなと思います。

 

 

アドセンス審査期間に思ったこと

 

くじこ
くじこ

即日に合否の連絡が来る人との違いってなんだろう。

 

膨大な数の申請がくるため、機械(AI)がすぐに承認できるサイトを振り分けているはず。

即日に合否の連絡が来る人は6時間以内に来たという人も。

私の場合は翌日、二日後にも連絡は来ませんでした。

その時点で、これは直すべきところがあるのでは、と自分のブログ内をチェックし始めました。

即日で申請に落ちる場合は、NGワードですぐにはじかれている可能性が高いそうです。

私の場合はすぐに申請落ちの連絡がなかったのはよかったのかな…。

くじこ
くじこ

きっとこれはグーグルさんが私にサイト見直しの猶予時間を与えてくれてるんだ。

とひたすら前向きに考え、改善に努めました。

 

 

アドセンス審査中に改善したこと

 

インデックス登録

 

まず私のブログの更新内容がグーグル検索にしっかり反映されているのか、

サーチコントロールを使って調べました。

するとブログを立ち上げたばかりでインデックス登録が全ての記事でされていませんでした。

なのでサーチコントロールから手動で登録していきました

手動でインデックス登録する前はカバレッジタブの有効ページ数が10でしたが、

その後のクロール巡回&更新で有効ページ数も24まで増えていました。

 

その中で何度手動で登録しても、反映されない記事が一つありました。

妊娠中のことに関する内容が書かれている記事です。

これはグーグル的に許可し難い内容だったのかなと判断しました。

この時点で私、グーグルのポリシー関係で

妊娠出産、医療行為に関する記事を素人が上げるのは審査上よくない、

ということを知りませんでした。

(審査通過後は、みなさん妊娠や出産に関する記事も好きなように書いています。)

改めて知り、妊娠中の出来事に関する記事については、noindexタグを付けて下書きへ

サーチコントロールから削除申請も出しました。

 

 

NGワード

 

NGワードに関しては気を配っていたつもりでしたが、

調べてみると自分が全く気が付かないワードが色々ありました。

妊娠出産記事は、アダルトコンテンツに触れる場合もあるそうで、

その辺りを配慮しなければいけなかったようです。

くじこ
くじこ

そんなの意図していないのにーーー。

けれどこれは対機械とのやりとりと割り切れたので、淡々と間違い探しをするのみでした。

 

育児関連の内容でも使わない方がいいとされているワードが

妊娠出産授乳など…さり気なく入れた言葉が私のブログ内にはたくさんありました。

それらの言葉は書き換えられるものは書き換えをして、

記事の内容が著しく変わってしまう場合は下書きに戻しました。

グーグルさんもこの言葉がアウト、というものを教えてくれないので

憶測で添削していくしかありませんでした。

 

 

ポリシー違反

 

そして、児童オンライン保護法なるものがあり

13歳以下のユーザーの過去や現在などを発信してはならない

との規則がアドセンス審査にも当てはまるかも、という意見をSNS上で見かけました。

真意はわかりませんが、念のためその辺りも覚えのある記事は下書きへ。

こうやって見ると

くじこ
くじこ

子育て、育児関連ブログのアドセンス申請、厳しすぎませんか…

最終的には申請中、公開記事は5記事まで減りました

 

 

画像サイズ

 

これは定かではないのですが、私は記事内にだいたい3~4枚画像を入れていました。

それも大き目のサイズで貼っていたのですが、

画像ばかりの記事は、中身のない(価値のない)コンテンツと判断される

という情報を目にして、画像サイズを横600pxくらいまで落としました。

この情報は本当か正直よくわかりませんが、備えあれば憂いなしということで、

気になった情報は参考にしてひとつひとつ直していきました。

 

この作業中、軽い気持ちで申請した分、勉強不足だった自分を反省しました。

でも幸いだったのは、運営1週間で記事数が少なかったところ。

これが20記事以上あったら、手間も倍増でした。

簡単に通った記事や意見も目立ちますが、近年のアドセンス審査甘くないですよね。

『何十回落ちた』、というブログ記事もたくさん見ました。

1回で申請に通った私がいうのも説得力がありませんが、

審査の結果がなかなか来ない方のモヤモヤとした気持ちは理解できます。

審査結果が来るまでは自分の中でひたすらブログ内を見直して、試行錯誤していました。

 

アドセンス申請→合格から見えたもの

 

アドセンス審査に申請してから最初の週は、毎日カウントアップするように気にしていましたが、

一週間経つとどうでもよくなっている自分がおり、

ブログへのモチベーションも徐々に下がってきていました。

そして10日後、忘れかけていた頃に突如入ってきたこちらのメール。

やっと会えた噂のお姉さん!本当嬉しかったです。

やたら心臓がどきどきしました。

ここでブログ継続する気がグーンと上がる単純なわたし。

↑実はこの審査通過メール、コンソールのカバレッジが新しく更新された日に届きました。

 

ここからは私の中の勝手なイメージですが、

申請時に、全てのサイトがグーグルが用意した振るいかけられ、

コンテンツが存在している、ポリシー違反なし、NGワードなし、好まれるテーマなどなど、

全てを兼ねそろえたサイトはすぐに通り抜け、審査に合格。

その他グレーな部分があるサイトは残され、時間をかけて何らかの処置がいくのかなと。

ただの憶測ですが。

私のブログは残されている間に、良くない点を改善し、グーグル好みになったので

通り抜けられたのかなあと。

ただの憶測ですが。

たまたま時間がかかっていただけかもしれない。

実際、申請後そのまま放置で、何週間か後に合格の連絡がきたという声もたくさん聞きます。

アドセンスの審査基準は中の人にしかわかりません。

 

 

土日の連絡

 

私がアドセンスの審査メールをもらったのは日曜日の夜20時ごろでした。

アドセンスの合否結果は週末でも関係なく来ます。

ここから推測するに、やはり機械にかけられているのかなと思います。

 

誤送信メール

そういえば、申請から3日後にグーグルから

アドセンスに申し込みをしてから7日が経ちました。アカウントを有効にして、サイトでの広告配信を開始するには、次の簡単な手順を実施してください。

のようなメールが届きました。

ちゃんとタグがhead内に貼られてない?と思い何度も確認しましたが、しっかり貼られているのを確認。

申し込み期間も間違っていますが、このメールが来たのは私だけではないようなので

ただの間違いメールのようですね。

 

 

まとめ

 

の前に、日々の生活の中でも何か違和感を感じた時、

問題が小さなうちに先回りして解決しておくと、後が楽ですよね。

それは子育てにも応用しているので、育児関連の記事も目を通していただけたらなと思います。

 

 

アドセンス審査に関しては、去年更新された記事なども検索上位に出てくるのですが、

去年以前のものは読み込みすぎないことをお勧めします。

基準も都度変わってきている為、なるべく最新の経験談を参考にするのがいいと思います。

私のこの記事も、何か月後には全く参考にならなくなっている場合もあります。

常に基準が変化しているアドセンス審査、

(特に育児、子育て関連で)これから申請する人、

今申請中で結果待ちの人への参考に少しでもなりますように。

ブログあれこれ
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
くじろぐ!

コメント