メルボルンカップとは?競馬のための祝日!日本馬の人気は?

オーストラリア生活

競馬好きの方ならメルボルンカップは一度は聞いたことがある競馬大会だと思います。

1861年から150年以上行われている歴史のあるレースで

大きな賞金がかけられる世界でも有名な競馬大会のひとつです。

そしてこの大会の日にはビクトリア州が祝日で休日となります。

競馬のための祝日なんてとても珍しいですよね。

メルボルンカップには国内外から毎年10万人もの人が訪れます。

 

スポンサーリンク

メルボルンカップとは

 

ハロウィーンが終わり街中がクリスマスムードに染まる中、

メルボルンではメルボルンカップカーニバルという一週間に渡る春のお祭りが行われます。

メルボルンカップと一言で言っても競馬だけでなく、パレード、パーティ、ファッションショー、

食のイベントが数日に渡り開催され、メルボルンの街全体で盛り上がります。

 

11月第一火曜日に毎年行われるメルボルンカップは、賞金額が大きいことでも有名で

一番注目を浴びる午後の第7レースでは、“国が止まる”と言われるほど、

国全体が熱狂し、かたずを飲んで結果を見守ります。

そしてオーストラリアの競馬関係者が最も勝利を期待するレースであり、

メルボルンカップで優勝することは馬主にとってもとても名誉なことだとされています。

 

ちなみにメルボルンカップの正式名称は【レクサス メルボルンカップデー】で、

皆さんご存知あのレクサスがスポンサーを務めています。

 

前日パレード

メルボルンカップの前日、平日のメルボルンシティ内では大規模なパレードが行われます。

出走馬のジョッキー、馬主、競馬関係者やレース関係者、過去の優勝馬などが

音楽隊の演奏に合わせて街中の目抜き通りを行進します。

パレードが行われるのは平日の月曜日ですが、

本当に平日?と思うほど街中は人々でごった返しになります。

この前日のパレードからメルボルンカップに向けて人々の熱気が高揚していきます。

 

メルボルンカップの服装

(実際行った150回大会の様子です。)

日本では競馬って男性が赤ペンと新聞を持って観戦しているイメージがありませんか。

欧州始めオーストラリアでは、競馬は紳士淑女の嗜みという位置づけです。

そのため競馬場へは男性はスーツ女性はドレスを着て正装で向かいます。

ドレスに合わせ女性は華やかな帽子やヘッドアクセサリーを着けるのも特徴です。

このように会場へ向かう前から非日常感を感じられるのも、楽しみのひとつ。

メルボルンカップでは来場者のファッションも注目されており

女性はこの日のために流行に合わせてドレスや帽子を特注したりと

ファッションを楽しむイベントとしても成り立っています。

セレブ向けの帽子の仕立て屋さんはこの時期大忙しになります。

 

会場の様子:フレミントン競馬場

メルボルンカップの会場となるフレミントン競馬場は、シティから電車で15分。

駅のすぐ側が会場なのでアクセスがとても良いです。

この日は華やかに着飾った人々がフレミントン競馬場へ向かう姿が随時見られるます。

国が止まると言われる一番重要な第7レース、始まるのは午後3時頃。

会場ではレースの観戦だけでなく、音楽ライブやファッションショーなど

様々なイベントが野外テントで行われており、午前中から一日楽しむこともできます。

国内で有名なレストランやバーの出店、有名シェフによるグルメの振る舞い、

ワインなども販売されているため、レースを観戦する頃には観客も意気揚々としています。

シャンパン片手に観戦、なんていうのも海外の競馬大会ならではですね。

 

入場料

この日競馬場に入るためには入場料が必要です。

そして日本人の感覚からすると正直高いです。

一番安い一般チケットで$90(日本円で7000円ほど)。

(チケットはこちらのビクトリア州競馬協会のサイトからもご覧になれます。)

そして観戦する場所によりチケット代金が変わってきます。

座席指定チケットやボックス席なると、2万円~10万円とかなり高額です。

それでもたくさんの人々が直接会場にレース観戦に向かうことを考えると

メルボルンカップの注目度がわかると思います。

着飾って非日常を味わうイベント、お祭りとして楽しむ人もいれば

本来の競馬観戦らしく、投機目的で行く投機家など観戦理由は様々だと思います。

レースを見るだけなら会場に行かなくても、テレビや人々が集まるバーなどで観戦もいいですね。

 

競馬は文化

(実際行った時はこの辺りから観戦していました。すごい人!)

オーストラリアでは人々の娯楽として、競馬の文化が強く根付いています

私もメルボルンカップの記念すべき150回大会は会場へ観に行きました。

馬券についてはあまり知識がないので、各レース複勝にかけるくらいでしたが、

ドレスを着てあの場にいくと非日常感があり、イベントとして楽しかったです。

そして運命の第7レースでは、自分が信じた馬を周りと一緒に大声で応援しました。

(私の趣味であるサッカー観戦のような雰囲気。笑)

このように、競馬ファンだけでなく、競馬というものが広く国民に浸透しています。

普段は競馬に興味のない人でも、メルボルンカップだけは特別という人も多く、

メルボルンカップデーはイベントの一つとして人々に親しまれています。

 

この時期メルボルンに来る方は、会場まで行かなくても、街中で雰囲気が味わえると思います。

日本からはメルボルンカップ観戦ツアーもあるみたいですね。

日本の競走馬も有名で、2006年のメルボルンカップでは

1位デルタブルース(騎手は岩田康誠さん)、2位ポップロックと

日本の馬が優勝、準優勝を飾り話題になりました

こちらにこの時のレースの様子が載っていますが、歴史に残る一戦でした。

最後の2頭の掛け合いは競馬ファンでなくても興奮するので、ぜひご覧になってください。

レース後日本人騎手同士でハイタッチをして称え合っているのも印象的ですね。

 

メルボルンカップに日本の馬が出馬していると、日本人として応援したくなります。

今年のメルボルンカップはどの馬が優勝するのか、楽しみです。

コメント