【ミーグリとは?】ワンオク海外ライブ!ミート&グリートでメンバーに会ってきた話

オーストラリア生活

今日は完全に私の趣味の話です。

 

日本で大人気のロックバンド、ONE OK ROCK。

ワンオクロックを略して、ワンオクと呼ばれ、

老若男女問わずファン層も広く、

特に若い世代の人たちに絶大な人気を誇るバンドです。

彼らのライブチケットはプラチナチケットと呼ばれるほど、取りづらいことでも有名で、

それだけ多くのファンがついているのがわかります。

 

私がそんなワンオクロックを知ったのは2017年。

Ambitionsというアルバムが発売され、

ワールドツアーでのオーストラリアライブに参戦したのがきっかけでした。

参照:子どもがいたらライブに行けない?ワンオクメルボルンライブレポ

この時に、ワンオクの魅力にすっかりハマり、

それ以来ワンオクロックの曲ばかり聴くようになっていました。

きっとワンオクが、ライブでオーストラリアに来ることがなかったら、

こんなに素晴らしいバンドを、ずっと知らないままだったかもしれません。

 

そんな中、最新アルバムが発売され、

またオーストラリアにツアーで戻ってきたワンオクロック。

オーストラリアにまた来てくれて嬉しい、と思ったのと同時に

今回も迷わず行くことを決め、チケットを購入しました。

そしてメンバーと会って話したり写真を撮ることができる

VIPチケットを入手することができたので、その時の様子を備忘録として残しておきます。

 

 

スポンサーリンク

ワンオクに会える?|ミート&グリートとは

 

(Ryota_0809IGより引用)

 

Meet & Greet(ミートアンドグリート、ミーグリ )とは、

海外アーティストのライブや、俳優など著名人のファンイベントでよく行われるものです。

実際にアーティストや著名人に会って、

 

  • 写真を撮る
  • 挨拶をする
  • 会話する
  • ハグをする
  • サインをもらう
  • プレゼントを渡す

 

などをすることができます。

アーティストやイベントによって、許容されていることも変わってきます。

今回オーストラリアでのワンオクとのミート&グリートでのNG項目は、

サイン、写真で変なポーズを要求、動画撮影などでした。

プレゼントを渡したい場合は、事前にレセプションに預ける、という形でした。

 

 

ワンオクロック ミート&グリートに参加

 

ミート&グリートへの参加者には、事前に連絡が来ました。

集合時間や、ミート&グリートでのNG項目、ミート&グリートの特典など。

私は集合時間の30分前に現地に到着しましたが、

VIPラインにはすでに列ができていました。

待っている間に会場から、ワンオクがサウンドチェックをしている様子が聞こえてきて、

 

くじこ
くじこ

本当に壁の向こうにメンバーがいるんだ!

と気分が高まりとてもわくわくしました。

 

 

ミート&グリート会場の様子

 

会場へ入る前にIDチェックや荷物チェック、

そしてVIP特典のグッズであるリストバンドが渡されました。

メンバーと会う前に少し時間があったので、グッズ販売のブースを見に行きました。

オーストラリアツアーで販売されていたものは、

Tシャツやパーカーが中心で、小物類はありませんでした。

私も記念に一枚購入。

 

 

 

 

そうこうしているうちに、メンバーの準備ができたようで、

スタッフさんが注意事項や流れを参加者全員と確認し、会場内へ。

ミート&グリートはライブ会場で行われます。

私は列のちょうど真ん中あたりにいたのですが、

ミート&グリートをする場所は死角になっており、

並んでいる列からはメンバーや他の人のミート&グリートの様子は見えませんでした。

(会場によっては、メンバーの登場から見えたりします。)

 

この時まで、それほど緊張していませんでした。

短い時間内で何を話そうと頭の中でぐるぐる考えているうちに、

どんどん列が短くなり、とうとう私の番。

スタッフさんにスマホを渡し、メンバーのもとへ。

(プライバシー上、写真なしでお届けします。)

 

メンバーは、Ryota、Taka、Toru、Tomoyaの順に並んでいて、

一人一人に挨拶をしながらハグ。

印象に残っているのは、

メンバー全員が笑顔でとてもフレンドリーにハグに応じてくれたこと。

 

ハグをしたあと、真ん中にいるTakaのもとに戻って、

その日に言いたかったことをお話しました。

そこまであまり緊張しなかった私が、一番緊張したのがここです。

ボーカルのTakaは目力が強い人だなと思っていたのですが、

話している時も、じっと目を見て笑顔で聞いてくれる、

かつ距離がものすごく近いので、かなり緊張しました。

心臓止まるかと思った・・・。

Takaは友達と話す時のように、オープンに接してくれて、

そこで一気に緊張もほぐれた記憶があります。

そして最後にみんなで写真を撮って終了。

 

一瞬の出来事のようでしたが、とても貴重な空間でした。

何より短い会話でしたが、Takaから発せられた言葉がずっと頭の中に残っていました。

歌声もいいけど、普通に会話する時の声もなんて聞き心地がいいんだろう。

後からメンバーと撮った写真を見ると、またとてもよく撮れており、

一生の思い出に残る出来事となりました。

 

その後は参加者全員のミート&グリートが終わったメンバーを会場で見送って、

ライブの開始時間まで待ちました。

 

 

ワンオクライブに最前で参戦

 

VIPチケットの目玉は、メンバー全員とのミート&グリートではありますが、

もうひとつの特典として、一般のお客さんより先に入場できる

つまり並ばずに会場の前方でライブを見ることができます。

(私が今まで行ったワンオクのライブは、会場のキャパが大きくないのもあり、

区画が区切られているわけではなく、早いもの順で入場するスタイルでした。)

私は最前列がいい、という強い思いはなかったので、

2列目の見やすそうな場所を確保して待っていました。

 

前座のバンド2組が終わり、ついにワンオクロックが登場する時間。

 

 

くじこ
くじこ

Takaーーー!さいっこうっっ!!

 

こちらの記事はミート&グリートに関して書いたので、

ライブ中の様子は割愛しますが、

スマホのズームなしでもこの距離。

ボーカルTakaの歌声が直でバシバシ心に響いてきます。

 

※当日の様子は下記画像から。

(SILVER TIGAR MEDIAさんのサイトより引用)

 

(SILVER TIGAR MEDIAさんのサイトより引用)

 

 

バラード曲もテンポのいい曲も、ロック調の曲も

全部思い切り楽しんできました。

そのおかげで、全身筋肉痛という代償ができました。

 

 

(10969takaIGより引用)

 

一言では言い表せないほど、最高の空間でした。

ライブに行ってこれだけ衝撃を受けたバンドは、ワンオクロックが初めてでした。

ワンオクロックがどんなバンドか知りたい方は、

ぜひ一度、ライブに足を運んでみてほしいです。

 

 

まとめ

 

憧れのアーティストと直接会うことができるミート&グリート。

ステージ上から、大勢の観客の一人として見られるのではなく、

いちファンとして、個人で直に対面できることから、

そこに大きな意義を見出すファンも多いです。

 

しかし、アーティストや著名人によっては、

ミート&グリートに高額な値段を上乗せするケースもあります。

(事務所や主催者側の意向であることが多いですが。)

海外のアーティストなど、ミート&グリートのチケットが5万〜10万円するのも普通です。

今回のワンオクロックのミート&グリート、詳しい価格は控えますが、

一般チケット+$70ほどの値段でした。(日本円で約5000円。)

この価格なら、特典と、スタッフさんやメンバーの手間と時間を考えれば、

妥当、もしくは安いくらいだなと感じました。

 

くじこ
くじこ

(メンバーと会えなくても、優先入場券だけでこの値段でも
買っているかもしれない…)

 

ミート&グリート中もとてもフレンドリーで、

しっかりファン一人一人と向き合うワンオクロックのメンバーに本当に感動。

そして何より彼らの人間性にさらに惹かれました。

ワンオクはメディアに出ることもほとんどなく、

会えるとしたら、ライブに行くくらいしかありません。

そんな中、このようなミート&グリートの場を設けてもらったのは、

とてもありがたく、貴重な経験でした。

これからもワンオクロックが海外でもっともっと有名になる姿を

応援していきたい、と思える経験になりました。

コメント