オーストラリアでも郵便局留めが便利|Auspostの無料サービス

オーストラリア生活

郵便局からの荷物を受け取りたいけど、

仕事や学校で常に家にいる訳ではない

シェアハウスに住んでいるので、防犯面が心配、など

このような場合は郵便局留めのサービスが便利です。

郵便局留めとは、郵便物を指定した郵便局で預かってもらい、

受取人がその足で郵便局へ向かい荷物を受け取ります。

オンラインで購入した物や、日本から届けてもらう荷物など、

自宅で受け取れるかわからない場合、郵便局留めが安心ですよね。

 

特にオーストラリアの郵送サービスは日本と違い適当な場合も多く、

荷物が届かない!他の住所に届けられていた!の声もよく聞きます。

郵便局留めならそのような心配も減るのではないでしょうか。

オーストラリアにももちろん郵便局留めのサービスはあります

今回はオーストラリアでの郵便局留めの利用方法についてお話します。

 

 

スポンサーリンク

オーストラリアの郵便局留め

 

 

みなさんご存知のAuspost。

Auspostでは郵便局留めのサービスを無料で行っています。

まずは事前の登録が必要です。

オンライン上で簡単にできるので、登録だけでもしておくと後々便利だと思います。

 

 

郵便局留め 登録の仕方

 

こちらのAuspostのサイト(公式サイトに飛びます。)を開くと、

周辺で郵便局留めのサービスを行なっている郵便局を閲覧することができます。

ほとんどの郵便局で実施していると思います。

地域名や郵便番号を入力すると、候補が出てきます。

 

受け取りたい郵便局を見つけたら、Use for deliveriesというボタンをクリック

すると、ログイン画面に飛ぶので、Auspostのオンラインサービス、

Mypostのアカウントがある方はそのままログイン。

アカウントがない方は、eメールアドレスを入力して、アカウント登録します。

 

あとは手順に沿って登録していくと、

最後に郵便局留め用の住所が与えられます。

(あとから登録したeメールアドレスにも送られてきます。)

名前

Parcel Collect

郵便局の住所

 

という感じになっていると思います。

これが個人に割り振られた郵便局留めの住所です。

オンラインで購入したものや、誰かに郵便物を送ってもらう場合、

宛先にはこちらを使います。

 

そして複数の郵便局を登録することも可能です。

職場や学校の近くの郵便局、家の近くの郵便局、

通勤、通学途中にある郵便局など、

最寄りの郵便局をいくつか登録しておくのもいいですね。

 

 

オーストラリアでも郵便局留めは便利

 

郵便局留めは、郵便物が届いてから10営業日まで郵便局で預かり可能です。

郵便物が指定の郵便局に届くと、

携帯のSMSか、登録したメールアドレスに連絡がきます。

受け取りの際は免許証やパスポートなどのIDを忘れないようにしてください。

 

オーストラリアの郵便局留めは、旅行中で荷物を受け取れない、

家の同居人に荷物を見られたくない、もしくは防犯面で心配、

平日は仕事に行っているので荷物が受け取れない、などの時に便利なサービスです。

オーストラリアで一人暮らしの場合、

例えば日本滞在中に郵便局留めで荷物を送って、

オーストラリアに戻ってきてから荷物を受け取ることも可能。

考え方によって使い用途も様々だと思います。

オーストラリアでも郵便局留めサービス、必要な際に検討してみてください。

コメント