オーストラリアで賃貸物件を借りる|契約の流れとトラブル防止策

オーストラリア生活

今までオーストラリアで、ホームステイ、シェアハウス、賃貸と、

様々な住居に住んできました。

ホームステイやシェアハウスは簡単に契約できる場合が多いですが、

オーストラリアで賃貸を借りる場合は、手続きが大変なことが多いです。

そこで今回はオーストラリアの賃貸の借り方や、トラブル防止策について、お話します。

 

スポンサーリンク

オーストラリアで賃貸を借りる

 

 

日本で賃貸を借りる場合、不動産屋さんに足を運べば、

賃貸担当のスタッフさんが至れり尽せりで、

自分の条件に合った賃貸物件を紹介してくれますよね。

 

オーストラリアでは、賃貸不動産も借し手市場で、

賃貸を借りる場合、不動産屋さんに行っても、何かしてくれるわけではありません。

賃貸物件も市場に出ているものを自分で探し、自ら動かなくてはいけません。

そしてテナント(借りる本人)の立場がとても弱いです。

賃貸物件の空室率が数%のオーストラリアでは、

物件の需要が追いついておらず、賃貸物件を借りる際にも競争があります。

日本のように、スムーズに行かないことが多く、

ストレスを感じることもあるかもしれません。

 

オーストラリアで賃貸を借りる手順

 

オーストラリアで賃貸を借りる場合、

まず家のインスペクション(内覧)に向かいます。

オーストラリアでは不動産屋さんに行っても、何もしてくれないので、

市場に出ている賃貸物件も、自分で探します。

探し方はローカル新聞やインターネットなど。

今はネット上にほとんどの情報が出ています。

こちらの2つのサイトがオーストラリアの不動産情報の2大サイトです。

 

Realestate.com.au

Domain.com.au

 

Real Estateのサイトを見ておけば間違いないと思いますが、

たまにDomainにしか載っていない物件などもあります。

検索画面に、部屋を借りたい地域や、お部屋の条件などを入れて検索すると、

今空いている物件や、今後空く予定の賃貸物件が出てきます。

 

 

賃貸物件のインスペクション(内覧)

 

ネットで良さそうな家、部屋が見つかったら、

インスペクションの日を確認します。

日本では賃貸物件も個別に内覧できますが、

オーストラリアの場合は一般内覧の日が設けられていて、

その日に、その物件に興味ある人たちが一度に物件を見学します。

 

インスペクションの日が指定されていない場合は、

その物件を担当している不動産会社に、インスペクションをしたい旨を連絡します。

インスペクションはだいたい、土曜日か平日の夕方に行われます。

不動産会社によっては、インスペクションも事前予約制の場合があるので、

その辺りもサイト上で確認してみてください。

経験上、事前予約が必要な物件も、当日予約なしで行っても、

その場で名前や連絡先を聞かれるくらいで、見学できる場合が多いです。

 

インスペクション当日は早めに現地に向かい、駐車スペースなどを確保しておきましょう。

人気の物件だと何十組の人たちが見学に来る場合があり、

近くに車を停められない場合もあります。

何より、インスペクションの時間が通常15分間と短く、

指定された時間を過ぎたら、不動産屋さんも待ってくれません。

 

オーストラリアの場合、ネットで物件が気に入ったからと言って、

その物件にいきなり申請できるわけではありません。

実際にインスペクションをしなければ借りられない場合がほとんどです。

インスペクションに向かうと、

不動産屋さんが実際に訪れた人たちの名前や連絡先をチェックします。

そして、物件が気に入った場合、

応募するためのフォームやパスワード(ネット上で申請する場合)を見学者に配布します。

 

 

賃貸物件に申請する

 

インスペクションをして、気に入った物件があれば、

その物件を借りるため、アプリケーションフォームを申請します。

少し前は、紙の申請フォームに記入して、担当の不動産屋さんに渡すパターンでしたが、

今はネット上で申請を行うケースが多いです。

インスペクションに向かうと、

不動産屋さんが、その賃貸物件に申請するためのリンクを送ってくれます。

今までは1formというサイトを使っている不動産会社が多かったです。

ネット上のアプリケーションフォームに必要事項を記入していきます。

 

賃貸物件を借りるために入力する項目も細かく設定してあります。

本人の個人情報、今の勤務先の情報、以前の勤務先の情報、

レファレンスとして、上司の連絡先を記入する欄や、

家族や友人の連絡先を記入する欄など。

大家さんとしては、その人に毎回のレント(賃料)を支払う能力があるのかを見極めたいので、

この辺りの情報は細かく記入していかなければいけません。

 

定職がない学生さんや、無職の状態で、賃貸物件を借りたい場合、

保証人や、銀行の残高証明の提示で、レントをしっかり払えると判断されれば、

賃貸物件を借りることも可能です。

 

 

賃貸物件の審査結果

 

気に入った物件に申請を出したあとは、結果が来るまで数日待ちます。

一つの物件に対して、どのくらいの人が申請したかにもよりますが、

申請数が少なかった場合は、審査結果も数日で返事が来ることが多いです。

人気物件で、何組もの人が申請している場合、

大家さんも選ぶ時間がかかるため、1週間以上待つ場合もあります。

申請した物件に必ずしも住める、という訳ではないので、

気になる物件は何件もインスペクションに足を運んで、

気に入れば複数の物件にアプリケーションフォームを申請しておきましょう。

 

 

 

賃貸物件の競争を有利に進める方法

 

人気の賃貸物件の場合、応募申請する人も多く、

大家さんに選んでもらうことがなかなか難しいこともあります。

その場合、他の申請者と比べて自分が有利な立場に立てるように

大家さんにとって良い条件を付け足すやり方もあります。

 

例えば

  • 3ヶ月分〜半年分のレントを先に支払う
  • レントの値上げを提案する
  • カバーレターを用意して、自分をアピールする

などです。

 

日本から来たばかりで、仕事がなかった知り合いも、

賃貸物件の申請になかなか通らなかったのですが、

銀行の残高を証明し、賃料の値上げを提案したことで、

無事に物件を借りられたことがありました。

 

 

オーストラリアで賃貸物件|正式契約

 

晴れて、賃貸物件の審査に通った場合、

“Congratulations!”(おめでとう!)の文面と共に、

不動産屋さんから連絡がきます。

本人がそれを了承した場合は、後日不動産屋さんのオフィスで正式契約を結びます。

 

 

オーストラリアで賃貸物件|トラブル防止策

 

 

オーストラリアで賃貸を借りる場合、

担当している不動産会社の評判はかなり大事です。

不動産会社によっては、ボンド(敷金)を踏み倒されたり

大家さんとテナントとのトラブル処理を怠ったりなど、

テナント側が軽くあしらわれる場合も少なからずあるからです。

大手の不動産会社でも、その地域の支店の評判など、事前にチェックしておきましょう。

不動産会社とは、物件の引き渡しを受けてから最低でも1年と、

長いお付き合いが始まります。

担当者がどんな人か、事前に借りる前に物件に関しての疑問や質問もしっかりして、

相手の対応を見るようにしてください。

 

そして、賃貸物件の引き渡し前に、契約書にサインしますが

この時にも気をつけるべきことがあります。

契約書と一緒に入居時の物件の状態を記入する報告書も書きます。

この報告書を記入する際に見落とした箇所があった場合

退去時に修繕費用を負担しなければならない場合があります。

部屋の引き渡しが始まる前に、

借りる前の家の状態を写真などを撮って記録しておきましょう。

 

特に、壁や床の傷や凹み、カーペットの汚れなど。

退出する際に、自分には関係ない、

入居前からあった傷や汚れを指摘される場合があるからです。

家や部屋に、クーラーや食洗機など備え付けのものがあれば、

それらが壊れていないかの確認も、担当者に聞いておきましょう。

 

 

借り手が弱いオーストラリアの賃貸物件

 

最後にあとがきです。

日本と違い、テナント側の立場が弱いオーストラリアの賃貸物件。

入居後も、3ヶ月〜6ヶ月ごとに、不動産会社の担当者が

物件をきれいに使用しているか、チェックしに来ます。

家の中のものが壊れても、なかなか大家さんが修理してくれなかったり、

売却などで大家さんから物件の退去命令があれば、すぐに出ていかなければなりません。

更新ごとにレント(賃料)の値上げがされる場合もあります。

いい大家さん、不動産会社が管理している物件に出会えればそれが一番いいのですが、

実際借りるまでわからないことも多いです。

 

そんなこともあり、オーストラリアでは賃貸より購入派の人が多いです。

年々物価が上がるにつれて、平均的なレント料金もどんどん上がっているので、

賃貸にこれだけ払うなら、投資として家を購入すると考える人が多いですね。

今は不動産投資のキャピタルゲインも従来と比べ落ち着きつつあるので、

賃貸物件の市場もさらに競争率が高くなってくるかもしれません。

 

関連記事:オーストラリアで家購入|手順と気をつけべきポイント

コメント