レチノールでシミやシワ予防!プチプラスキンケアで美白美肌に

生活の知恵

年齢を重ねるごとに気になるのが、お肌の状態。

女性は特にシミやシワが気になりますよね。

私、10代後半〜20代前半の頃に肌をガンガン焼いていた時期がありました。

当時モデルの長谷川潤さんに憧れていて、小麦肌をキープしていたのですが、

10年後、シミになってお肌に現れたことにとても後悔したんです。

 

くじこ
くじこ

あの時の自分に言いたい。やめておきなさいと・・・。

 

若い頃はお肌のこと全然気にしていませんでした。

しかし年齢を重ねるごとにお肌の状態も変化し、さすがに蔑ろにできなくなります。

そんな中、スキンケアについて情報を集めていた時に知った、

シミやシワに効き、お肌の若返りが期待できるレチノールというアイテム。

私は実際2年ほど、使用しているのですが、結論を言うと本当におすすめです。

レチノールのお肌への効果ってどう?

 

スポンサーリンク

シミシワ予防にレチノール

 

スキンケアについてしっかり考え始めたきっかけは、

20代後半に、10代の頃の代償としてでてきた目元のシミが気になり出したことでした。

この時に出てきたシミはハイドロキノントレチノインで撃退しました。

スキンケアに詳しい方なら聞いたことがあると思います。

ハイドロキノンとトレチノインを使用したシミ取り効果については、

また話が長くなるので別記事で紹介するとして。

今回はレチノールについてお話します。

 

晴れてシミが気にならない程度に薄くなり、

くじこ
くじこ

もう何もせずに若さを保てる年齢でもないし・・・。
でもいつまでもきれいなお肌でいたい。

くじこ
くじこ

これからはスキンケアに気をかけよう。美白とシミ予防を徹底する!

と、スキンケアに関する考え方を改めました。

私はもともとお肌が強く、それまでスキンケアについて考えたことがありませんでした。

洗顔後、化粧水すらまともにつけていなかったです。

しかしこの時をきっけかに、お肌をもっとケアしないと、と思うようになりました。

 

そこで色々調べている内に出会ったのが、レチノールというスキンケアアイテム。


 

レチノールは資生堂さんがスキンケア商品に取り入れ、日本でも話題になりました。

そして資生堂さん、レチノール原液のシワ改善効果について、

厚生労働省から認可を受けています。

ここから後々、日本でも知られるようになったようですね。

 

私がレチノールを知ったきっかけは、

シミ除去のためのハイドロキノントレチノインを購入したサイトの

おすすめか何かに出てきたことだったと思います。

そこに表示されていたレチノールの効果は、美白やシミ、シワに効果的

後から日本語で調べてみると、やはりレチノールはシミシワ予防に効果がある、

と出ていたため、値段もプチプラなことが背中を押し、購入、使用してみました。

 

 

レチノールでスキンケア

 

 

レチノールはお肌のターンオーバーを促す効果があるため、

シミやシワ予防にも効果的だと言われています。

きれいな新しいお肌を常に保っているイメージ。

お肌の水分を保つ、ヒアルロン酸の合成も促進されます。

私は夜洗顔後、レチノール原液をお肌にまんべんなく塗り、

その後オールインワン化粧水(日本の薬局で500円くらいで売っているものです。)

を塗って、スキンケアは終わりです。

レチノール→オールインワン化粧水。

至ってシンプル。

私が使用しているレチノール原液は30ml入って$5〜$6。(400円ほど)

オーストラリアだとお安く手に入ります。

1本30mlでだいたい1ヶ月くらい持ちます。

 

ここで気をつけなければいけないのが、レチノールは夜のみ使用するということ。

レチノールは紫外線を浴びると、反応し、痒みや赤みを引き起こす場合があります。

シワ除去に使ったハイドロキノンやトレチノインも同じ理由で夜のみの使用でした。

 

朝のお手入れは、洗顔後、オールインワン化粧水→日焼け止め→メイク

という感じで、レチノールは夜のみ使用していました。

(普段は家で仕事をすることが多いので、

日焼け止めの後、ベビーパウダーを叩くくらいです。)

 

 

レチノールの効果

 

レチノールを使い始めて気づいたことは、お肌の保水力が上がったこと。

以前よりお肌がモチっとして、乾燥が気にならなくなりました。

そして女性ホルモンの影響での肌荒れが格段に良くなったこと。

生理前などそれまでは肌荒れがひどく、にきびが出来やすかったのですが、

生理前の肌荒れがかなり落ち着きました

シミはハイドロキノンとトレチノインで事前に撃退していたので、

シミ除去効果があるかはわかりませんが、

あれ以来、シミは出てきていないので予防効果はあるのかなと思います。

最後は周りからの意見なのですが、

紫外線が日本の8倍あると言われるオーストラリアで暮らす中、

なんで肌焼けないの?どうやって保ってるの?

と言われたこと。

毎日鏡で見ている自分ではあまり気がつかないのですが、

レチノールのおかげで、きっとお肌を白く綺麗な状態に常に保てているのかなと感じます。

外に出る時は常に日焼け止めを塗って、紫外線予防をしているのも大きいと思います。

 

シワに関しては、まだ気になる年齢ではないものの、

出てくる前に予防できるものは予防したいので、今後も経過をお伝えできたらと思います。

ただ、お肌の保水力が上がり、ハリやツヤが出たことで、

お肌がより健康な状態になりました。

シワはお肌の水分が失われ、ハリがなくなることにより溝になって出てくるものなので、

年齢を重ねても保水力とハリをキープできれば、シワ予防につながりますね。

 

 

あとがき

 

年齢を重ねることにより出てくるお肌のトラブル(乾燥小ジワや、もたつき)は

お肌の水分不足から生じることが多く、

私も若い頃は美容意識が高い友達に、「とにかく保湿!」とよく助言を受けていました。

そのころはお肌について何も意識していなかったのですが・・・。

お肌のハリのなさは水分不足が原因で起こり、老けて見える大きな理由にもなります。

お肌のターンオーバーを促し、ヒアルロン酸合成を促進するレチノールは、

お肌の若返りや、老け予防に効果的というのも、実際使用して実感しました。

今までなんとなく、スキンケア難民だったのですが、

私には薬局で気軽に手に入るオールインワン化粧水+レチノール、

というシンプルケアが一番合っているようです。

今のお肌の状態には、満足しているので、

今後もレチノールでのエイジングケア、スキンケアを継続していきます。

生活の知恵
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
くじろぐ!

コメント