月経カップで憂鬱から解放!使用してわかった使い心地と入れ方のコツ

生活の知恵

女性のみなさん、月経カップってご存知ですか。

私はネット上で話題になっていたのをきっかけに知りました。

「すごく楽」「憂鬱な気分から解放された」「ムレずに快適」など

いい意見をたくさん見かけたので、試してみたいと思い購入しました。

そこで今回は私が実際使用してわかった月経カップの使い方や使い心地

メリットとデメリットも合わせて感想をまとめました。

 

スポンサーリンク

月経カップとは



生理中はナプキンやタンポンを使う方が多いと思います。

月経カップとはそれらに代わる生理用品として注目されており、欧米圏で広く認知されています。

洗って何度も使えることから、エコ思考の方やミニマリストの方にも人気です。

シリコン製の柔らかい素材で、カップの形をしており、タンポンと同じく中に入れて使用します。

イメージとしては、経血をカップがそのまま受け止める感じです。

 

使い方 入れ方

 

  1. まず手を綺麗に洗います。
  2. トイレに座り、リラックスして全身の力を抜きます。
  3. カップを中に入れやすいように軽く折り畳み、ぐっと中の方まで入れます。
    (私はCタイプの折り方で入れます。※詳細は下記で
  4. カップ部分が開くように、回したり少し動かしたりして調節します。
    (カップが正しい位置に入っていれば自然とカップ部分も広がりやすくなります。)

 

※カップの折り方は何通りかあります。

こちらは月経カップメーカーの中では日本でも人気のメルーナさんで紹介されている折り方です。

 

メルーナジャパンさんのサイトより引用。)

 

人によって入れやすい折り方があると思いますが、

あまり複雑に折ると、中でしっかり開かないことがあるので注意してください。

 

使用感と注意点

興味があって月経カップを購入したものの、ずっと使う機会がありませんでした。

しかしある日生理が来た時、生理用品のストックがないことに気づき、

以前購入したカップの存在を思い出し、使用に踏み切りました。

普段使っている商品のストック切れがなかったら、使う機会もなかったかもしれません。

最初は違和感があったので、入れる時の注意点など参考にしてみてください。

 

気を付ける点

使い始めたばかりの時は異物が入っているような感覚があり、

入れ方間違えたかな?と説明書を読み返しました。

すると、正しい位置までカップが入っていないことが判明。

最初は、「出てこなくなったらどうしよう」と心配で、奥の方まで入れられませんでした。

入り口付近にあったので、ずっと違和感がぬぐえなかったようです。

月経カップは奥の少し広がっている位置まで入れる感覚で思い切って入れます。

 

メルーナジャパンさんのサイトより引用。)

 

この辺りまで入れないと、違和感や痛みを感じると思います。

正しい位置まで入れば、違和感も感じずカップも自然な形に開きます。

 

カップが開かない 入れ方のコツ

最初は私もC折りで入れても、中で開かないことがあり隙間から漏れたりしました。

入れ方のコツとしては、まずカップを折って、少し入れたところで開いて形を整えます

その状態をキープしたら、躊躇せずにぐっと中に押し込みます

 

女子SPA!さんのサイトより引用)

 

イメージ的にはこのような感じです。

慣れるまでは上手く着けられないかもしれませんが、

一度コツを掴めばスムーズに入れられるようになります。

 

使用感

しっかり奥にカップが入ると、そこまで違和感はありませんでした。

最初は漏れが心配だったので、ナプキンと併用していました。

一日目の量も多く、期間中一番辛い時に使用したのですが、

普段ナプキンを使っている場合だと漏れてしまったり、特有の不快感などがありました。

しかし、カップの場合は不快感もそれほど感じず、一日目?と思うくらい普段より楽でした。

普通に動いたり、買い物などにも行きましたが、

落ちてきたり外れることもなく、日中カップを入れ替えたのは2度ほどでした。

普段ナプキンの場合はトイレに行く度、頻繁に替えていたことを思うと、

手間やわずらわしさがなく、トイレに行く際も快適でした。

(月経カップは着けたまま、トイレに行くことが可能です。)

 

メリットとデメリット

月経カップを初めて利用して感じたメリットは

 

  • 期間中の不快感が減る
  • 漏れる心配がない
  • 重い日(1日目~2日目)も快適に過ごせる
  • ナプキンよりも長時間利用できるため交換の手間が省ける
  • 経血が外気に触れないため臭いがない
  • ごみが減る
  • 生理用品のストックを心配しなくていい

などでした。

 

特に私は交換の手間が省けること、ごみが減ったことが助かりました。

最初上手く入れられず、中でカップが開いていなかった時は漏れもありましたが、

慣れてカップも定位置まで入れられるようになってからは

溢れたり漏れたりすることはほとんどなかったです。

特に子育て中の方は、子どもと一緒によく動くと思うので、

漏れや交換の頻度を気にしなくていいのは、メリットになると思います。

 

デメリットは下記です。

  • 交換の際に洗う手間がある
  • 外出時は個室内に手洗いなどがないと交換できない
  • 装着が上手くいかないと漏れる

 

カップは再利用可能なので、一回買ってしまえば長期間使える分お財布にもエコにも良いです。

しかし、都度洗って清潔に保たなければいけないので、お手入れの手間があります。

外出時は交換しづらい、というデメリットを上げましたが、短い頻度で変えなくていいので、

半日や数時間の外出だったら特に問題はないと思います。

一日がかりの外出となると、量が多い日は交換も必要なので、

交換できる場所を確保しておかなければなりません。

丸一日外出予定がある場合はあまりお勧めできません。

 

使用しての感想

初めて月経カップを使って以来、使用感が気に入りましたが、

都度のお手入れがやはりネックで、気分で他の生理用品と併用して使っています。

カップは漏れに関しては心配な部分もあるので、ナプキンと併用、

そして量が多い日や重い日(1日目~2日目)限定で使用しています。

 

しかし月経カップも人によっては、苦手な人もいると思います。

タンポンが苦手、経血を見るのが苦手な方は、カップは勧められないと思います。

私はどちらも大丈夫なので、その辺りの不快さは特にありませんでした。

今回の記事はカップの使用を勧めるものではなく、あくまで私はこんな感じだった、

ということを共有したく、書いてみました。

初めての方には、日本でも人気のエヴァカップさんや、メルーナさんのものがおすすめです。

月経カップが気になっている方や、期間中わずらわしさがある方の参考になればと思います。

生活の知恵
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
くじろぐ!

コメント