オーストラリアでサウナ道 メルボルンにはどこにある?【海外サウナ】

オーストラリア生活

みなさんはサウナや岩盤浴って好きですか。

サウナ大好きな私、今日は冒頭から少しテンション上がっています。

サウナってどんなイメージですか。中年男性が好むもの?ただただ熱い?

私は高校生くらいの時からよくサウナに入っていました。

当時部活仲間と、放課後によく日帰り温泉に行っていました。

サウナに好んで入るのは私くらいでしたが…。

今も日本に行く度に、サウナや岩盤浴に行って汗を流しています。

 

 

スポンサーリンク

オーストラリアでサウナ

 

ふと、オーストラリアでもサウナに通いたいなと思うようになりました。

日本だと日帰り温泉や銭湯にサウナ室が設けられていて、とても身近なものですよね。

サウナ専用の施設もあり、私の地元にはサウナーの聖地と呼ばれるサウナ施設があります。

そちらの紹介はまた今度にしておいて。

 

オーストラリアだとサウナってどこにあるの?と私も最初疑問でした。

なぜなら日本人と違い、オーストラリアの人たちは湯舟につかる習慣がありません。

その為、公共のお風呂などもあまりありません。

メルボルンで言えばシティ周辺にいくつか銭湯があります。

そして有名なのはモーニントン半島にある温泉施設。

そのような場所へ行けばサウナも併設されています。

しかし、高いんです。

メルボルンシティにある2つの銭湯、料金はどちらも大人一人$30ほど。

日本のように、気軽にふらっと行ける値段ではありません。

 

 

オーストラリアで気軽に行けるサウナ

 

オーストラリアで料金が安く、日常使いができるサウナを探している時、

いくつかの施設を見つけました。

 

マンションに併設のサウナ

特にシティ周辺のコンドミニアムなどの高層マンションに住んでいる方なら、

サウナもマンションに併設されていることが多いです。

私は戸建て住まいなので、この選択肢はありませんでした。

 

エステやスパのサウナ

オーストラリアはエステやスパを受けられるお店が多いです。

中にはリラクゼーション目的でサウナを併設しているエステもあります。

近くのショッピングセンター内にあるエステにもサウナがありました。

しかしエステのサウナも料金が高く、30分$30〜。

気軽に行ける値段ではないので、こちらの案も却下です。

 

スポーツジムに併設のサウナ

私が最終的にこれだ!と思ったのがジムのサウナです。

オーストラリアは体を鍛えるのが好きな人が多いので、ジムも至る所にあります。

特に水泳プールがあるジムだと、サウナも併設されている可能性が高いです。

家の周辺では、3つのサウナ付きジムを見つけることができました。

その中でも今定期的に利用しているのが、

メンバーシップ登録が必要なく、利用した際に都度払いできるできるジムです。

オーストラリアのジムは会員登録しても、会費は週$12~$20など

日本と比べそこまで高くないです。

でも会費を払う形だと縛られている感じがして、強制感が出てしまう気がしました。

日本にいた時のように、行きたい時にふらっと行ける形がよかったので、

私は会員登録はせずに、カジュアルという形で都度払いしています。

私が通っているところは、一回の料金は大人$5.60です。

 

 

オーストラリアのサウナの種類

 

日帰り温泉などによくあるドライサウナと違い、

オーストラリアでは遠赤外線サウナ、スチームサウナが主な感じがします。

私は高温のドライサウナが好きですが、

家周辺ではドライサウナを扱っているジムが見当たりませんでした。

私が通っているジムのサウナはスチームサウナです。

サウナはスパエリアがあり、ジェットバス、暖かいプール、サウナが同じエリアにあります。

ジムやプールで体を動かした後のリラクゼーションの位置づけですね。

 

日本の温度が高いドライサウナに慣れていると

スチームサウナは少し物足りない気もしますが、

じんわり汗をかくし、何より寒い日は身体が温まって気持ちがいいです。

そしてスチームサウナは全身に水蒸気を浴びている、

言わば全身に美顔器を当てているような感覚なので、

入ったあとはお肌もしっとりもちもちとしています。

オーストラリアでのお肌の乾燥対策にももってこいです。

 

 

サウナの効果

サウナは何といってもリラックス効果があります。

サウナに入っている間は熱いし正直きついですよね。

何がいいのかわからない。

その意見わかります。

でもサウナの楽しさって入ってる最中よりも、その後に感じるものなんです。

正しいサウナの入り方をした後の、心地いい疲労感と脳がリフレッシュした感じ

あの身体がととのった感覚を味わうと、サウナの魅力をもっと感じられると思います。

 

そして美肌効果

サウナに入って汗をたくさんかいた後、顔を鏡で見ると、毛穴が見事に消えています。

そして老廃物が除去されるのか、肌触りもつるつる。

心なしか身体の中が浄化されて、すっきりとした気分になるんですよね。

アラサーになった今は綺麗なお肌を保つためにサウナに入っているのが大きいです。

 

 

オーストラリアでととのう

 

サウナの正しい入り方として一つの流れがあります。

 

(シャワー)→ サウナ →(シャワー)水風呂 → 外気浴

 

このセットを何度か繰り返すと、身体がちょうどいい疲労感に包まれます。

オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが生粋のサウナ―だとして有名ですが、

藤森さんは「サウナは水風呂で決まる!」というくらい水風呂の役割を重要視しています。

しかし、私が通っているジムのサウナには水風呂がなく・・・冷たいシャワーで対応です。

オーストラリア人は水風呂に入るという観念もないんですよね。

それでも3回上記のセットを繰り返すと、毎回身体がいい具合の疲労感に包まれます。

1セットではすっきりせず、2回目で半整い、3回目で整うのが私の通常ですが、

逆にこれですっきりしない時は疲れていたり、体調が良くなかったり、

自分の体調のバロメーターとしてもサウナは役立ってる、と感じたりします。

 

ちなみに私が行っているのはジムのスパエリアにあるサウナなので、

男女兼用でみんな水着着用で入ります。

平日の午前中に行くと、主婦の方やおじいちゃんおばあちゃんが多い時間帯です。

サウナ室でちょっとした井戸端話を聞くのも、面白かったりします。

 

サウナが好きで、オーストラリアでもととのいたいと思っている方、

ぜひジムのサウナを検討してみてください。

日本ほどの施設ではありませんが、またサウナに病みつきになると思いますよ。

コメント