背中スイッチ対策!これでもう泣かない【 私のネントレ記録Vol.1】

戦略子育て

 

こちらの記事で触れたように、

参照:子どもの寝る時間が遅いけど大丈夫?

私がネントレを開始した、息子が生後3週間の時のお話です。

 

まずは赤ちゃんが一人で寝られる環境づくりが必要です。

親と赤ちゃんが別室で寝るのが一般的なオーストラリア。

職場の同僚から育児環境の話は色々聞いており、

妊娠中に子ども部屋とベッドの準備はしてありました。

 

けれど、初めての育児。

生まれてすぐの赤ちゃんを一人で寝かせる勇気も余裕もなく、

しばらくは同じベッドで添い寝で寝ていました。

添い寝って赤ちゃんがすぐ寝てくれるし、泣いて起きてもすぐに対処できるし、

側に寝ている安心感もありますよね。

 

 

スポンサーリンク

背中スイッチ対策 ネントレ開始

 

看護師さんの言葉もあり、

参考:夜泣き対処に効果的!ネントレで子育てストレスを軽減しよう

 

息子を一人で寝かせようと思い立ちました。

そして早速その日の夜から、実行しようと決めました。

まだ生後3週間、抱っこではすぐに寝入ってくれたので、

 

くじこ
くじこ

まずは抱っこで寝かせて、ベッドに連れていけば大丈夫かな。

と、その時は安易に考えていました。

 

 

ネントレ初日

 

授乳が終わり、腕の中でコテっと寝た息子。時間帯的にも、

くじこ
くじこ

よし、今かな~

と思い、モロー反射を防ぐためにおくるみに包み、子ども部屋のへ連れて行きました。

そーっとベッドに寝かせるも、腕に包まれている感覚がないのがわかるのか、

 

『ギャーー!!』

 

くじこ
くじこ

・・・・・。

 

ベッドに寝かせる → すぐに泣きだす →

また抱いて寝かせる → ベッドにそっと置く →

そしてまた泣いて起きる。

俗にいう、背中スイッチ

これを何度か繰り返し、

 

くじこ
くじこ

む、無理・・・。

泣き声に耐えられず挫折し、結局初日はそのまま添い寝で寝ました。

 

 

ネントレ一週目

 

数日そんな夜を過ごし、

まずはベッドに一人で寝ることに慣れさせようと思いました。

ベビーベッドを主寝室のベッドの横に移動して、

添い寝 → ベビーベッドにずらす

作戦を決行しました。

しかし背中スイッチが敏感な息子は、

腕に抱かれている感覚がないと泣き出し、それもあえなく失敗。

 

くじこ
くじこ

どうしたもんか…先が思いやられる。

 

と思っていた時、家に遊びに来た義母が

さらっと斬新なアイディアをくれたんです。

 

 

背中スイッチ予防 斬新編

 

赤ちゃんは包まれてる感覚があると安心するのよ。

お腹の中にいた時みたいに、狭いくらいがちょうどいいの。

これなんか、サイズ的にちょうどいいんじゃないかしら~。

 

と言って、義母が持ってきたものがこちら。

 

赤ちゃんがちょうど入る大きさのバスケット。

 

イメージしやすいように、このような写真を選びましたが

実際は洗濯物用バスケット

 

このような浅い長方形のものでした。

この洗濯バスケットにブランケットを敷き詰めて、

腕の中で寝ているおくるみに包んだ息子を寝かせました。

すると、お、起きない

洗濯物用バスケットの中で、気持ちよさそうにすやすや眠る息子…。

(多分まだ腕の中にいると錯覚している。)

 

昔は家にあるバスケットでも箱でもなんでも、

赤ちゃんが心地よく感じるもので寝かせてたのよ。

 

子育ての先輩の知恵は侮れません。

お高い新生児ベッドなど買わなくていいんです。

息子が私の腕を離れて、一人で寝ることにまず成功した日でした。

 

 

 

ネントレ二週目

 

それからというもの、お昼寝も夜の就寝時も、

抱っこで寝かせる → バスケットに寝かせる → バスケットを子ども部屋に運ぶ

という感じで、徐々に一人で寝ることに慣れさせていきました。

 

バスケット作戦を決行してからは、

生後1ヶ月にして、(一応)息子が子ども部屋で寝るようになり、

私もベッドでのびのびと大の字で寝たり、自由に寝返りをできたので

 

くじこ
くじこ

なんて快適なの!!

と、感動したのを覚えています。

 

私の腕から離れて寝かせることに成功したネントレ二週目。

長くなりましたので、次はバスケット卒業編から始めたいと思います。

 

(続き:ベビーベッドに一人で寝るまで|ネントレ記録 Vol.2)

コメント