真夏のクリスマス!オーストラリアで楽しむ料理とイルミネーション

オーストラリア生活

クリスマスの時期が近づいてきましたね。

街中やショッピングセンターもクリスマスムード満載。

この季節になると一年って本当早いなと感じます。

日本にいる時はクリスマスから年末にかけての雰囲気が好きでした。

クリスマスと言えばやはり冬ですよね…。

南半球にあるオーストラリアではクリスマスの時期は夏まっただ中。

そんなオーストラリアのクリスマス事情についてお話します。

 

スポンサーリンク

オーストラリアの夏のクリスマス

 

日本で生まれ育つと、暑い中迎えるクリスマスって不思議です。

暑いクリスマスを何度も経験しても、やはりクリスマスは冬がいいなあと思います。

日本でのクリスマスのイメージは、寒い中見るイルミネーション、

ローストチキンやフライドチキンなどのチキン系の料理、そしてクリスマスケーキですよね。

クリスマスを象徴するサンタさんも冬の装いをしています。

では真夏のクリスマスのオーストラリア、サンタさんはどんな格好しているの?

 

 

オーストラリアのサンタさん

 

オーストラリアのサンタさんって、サーフィンしながら来るんだよね?」

 

日本の家族や友達からはよくこんなことを聞かれました。

オーストラリアのサンタさんはそのようなイメージがありますよね。

確かに、絵はがきなどにはよくそんな写真が載せられていますし、

ゴールドコーストにいた時もアロハシャツに短パン姿の

夏らしいサンタさんを見かけたことがありました。

けれど、プロモーション面が強いのかなと個人的には感じます。

 

クリスマスが近づくと、ショッピングセンターにサンタさんと写真が撮れるブースが登場。

この時期、子どもがサンタさんと写真を撮ることが恒例イベントとなっています。

そこで見るサンタさんは、赤い帽子に赤い服を着たみなさんご存知のサンタ姿です。

 

 

夏のクリスマスと言っても、オーストラリアのサンタさんも世界共通の冬仕様の格好です。

屋内の場合はいいのですが、外で見かける時はさすがに少し暑そうですが。

 

メルボルンではサンタさんはショッピングセンターに留まらず、街中や駅にも登場します。

私も最寄り駅でサンタさんと写真を撮ってもらったことがあるのですが、

プロのフォトグラファーさんが撮影して、その場ですぐ写真を焼いてもらえました。

台紙もついており、無料です。

観光で来た場合は記念になっていいですね。

 

 

 

メルボルンのイルミネーション

 

 

クリスマスが近づくと街中の至る所で、

イルミネーションやプロジェクションマッピングを見ることができます。

メルボルンで有名なのは、

  • GPO(General Post Office) - バークストリート沿いH&Mが入っている建物
  • フェデレーションスクエア

辺りだと思います。

 

フェデレーションスクエアにはLEDライトを埋め込んだ

大きなクリスマスツリーが設置されます。

 

(実際2017年に撮影したものです。)

昼間はこのような感じです。夜になると、

 

 

このようにライトアップされます。

セントポール教会をバッグに映えるクリスマスツリーがきれいですよね。

このツリーは時間帯によって音楽に合わせた光のショーも行われています。

大きなオーナメント状の飾りも。

 

 

ここからは2018年のクリスマスのものです。↓

クリスマスツリーは同じですが、音楽と光のショーは毎年変わります。

 

 

時間帯により、プロジェクションマッピングでクリスマスに合わせた物語の演出があります。

カップル、友達同士、家族など誰と来ても楽しめます。

毎年クリスマスの一ヶ月前から12月25日当日まで行われているので、

この期間は夜のメルボルンの街もぜひチェックしてみてください。

 

 

オーストラリアのクリスマス料理

 

日本のクリスマスはカップルのイベント色が強く、

イブの日や当日の夜はレストランでディナーをする人も多いですね。

 

オーストラリアのクリスマスは家族と過ごす日です。

クリスマスの日は祝日となり、スーパー含むお店などもほとんど閉まっているので、

自宅で家族や親せきと一緒にクリスマスランチをするのが一般的。

夏なのでオーストラリアらしくBBQをする家庭も多いです。

クリスマスにBBQはオーストラリアならではかもしれませんね。

多くの家庭ではクリスマスらしくターキー、ポークなどのロースト系の料理を用意します。

 

実際にクリスマスに料理した食事です。

お肉はターキー、ポーク、ビーフ、ラムなど。

付け合わせにローストベジタブルに、グラタンと定番のローストメニューが並びます。

 

 

 

オーストラリアではディナーではなく、クリスマスランチとしてお昼を家族一緒に食べます。

お店も閉まっているため、クリスマスは家族と美味しいものを食べながら、

家族団らんも含め、のんびりとした時間を過ごす日、というイメージです。

とにかくたくさん作って、たくさん食べる日なので、

ランチを食べれば夜はいらないくらいお腹いっぱいになります。

 

 

クリスマスケーキ

(Taste.com.auさんのサイトより引用)

日本のクリスマスケーキはショートケーキのようなスポンジケーキが定番ですよね。

オーストラリアでは食事のあと、クリスマスプディングと言って写真のような

漬けたドライフルーツがどっさり入った、フルーツケーキに近いケーキが出されます。

クリスマスプディングは焼くのではなく、湯銭で蒸しながら火を通すので

しっとりとしていて、ケーキとプリンの間のような独特な触感がします。

どっしりとしており、大人の味なので好き嫌いが分かれると思いますが、

クリームやアイスと一緒に食べると美味しいです。

 

 

 

公共交通機関が無料

 

オーストラリアのクリスマス事情、どうでしたか。

夏である分、欧州や北米などとは少し違ったクリスマスの雰囲気が味わえると思います。

クリスマスの日はお店なども閉まり、街も静まり返るのが一般的な海外のクリスマスですが、

メルボルンでは25日のクリスマスの日は、公共交通機関が無料になります。

そのため他の都市と違い、メルボルンの街中は人が集まり開いているお店も多いと聞きます。

観光客にとっても住んでいる人にとっても嬉しいサービスですよね。

家族や友達とクリスマスランチを食べた後は、腹ごしらえに電車でビーチへ、

なんて計画も夏のオーストラリアのクリスマスならでは。

みなさんにとって楽しい夏のクリスマスになりますように。

コメント